2018年 8月 17日 (金)

品川駅女子トイレの「異様な光景」 「男性化粧室ではありません」大量貼り紙のワケ

印刷

   「ここは『男性化粧室』ではありません」――。品川駅構内にある女子トイレの入り口に、こうした注意書きが大量に貼り出されていることが、ネット上で「やばい」「なぜ?」などと話題になっている。

   いったいなぜ、こうした状況になっているのか。J-CASTニュースが2018年3月16日、品川駅を管轄するJR東日本東京支社に聞くと...。

  • 品川駅女子トイレ入口の様子。写真はちんだ(@chinda0312)さん提供‏
    品川駅女子トイレ入口の様子。写真はちんだ(@chinda0312)さん提供‏
  • 「ここは『男性化粧室』ではありません」の張り紙がズラリ。写真はゆうか(@y_yuukapon)さん提供
    「ここは『男性化粧室』ではありません」の張り紙がズラリ。写真はゆうか(@y_yuukapon)さん提供
  • 男子トイレ側には「ここは『女性化粧室』ではありません」との張り紙も。写真はゆうか(@y_yuukapon)さん提供
    男子トイレ側には「ここは『女性化粧室』ではありません」との張り紙も。写真はゆうか(@y_yuukapon)さん提供

女性のトイレマークは11個以上も

   いま話題を呼んでいるのは、品川駅構内の2階にあるトイレ。中央改札を入って、上野東京ラインなどが通る9、10番線ホームに降りる階段へと向かう途中の場所にある。

   その女子トイレの入り口付近は現在、「ここは『男性化粧室』ではありません」などと書かれた貼り紙だらけの状況になっている。ツイッター上には、こうした状況に驚いたユーザーから、現場の様子を報告する写真が何枚もアップされている。

   投稿された写真を見る限りでは、「男子トイレではない」旨を示す貼り紙は、少なくとも8枚以上並んでいることが分かる。さらに、女性のトイレマークを描いた赤色の貼り紙は、なんと11枚以上が貼り出されているのだ。

   さらには、青色で描かれた男性のトイレマークに大きくバツ印を付けた貼り紙まで。そこまで広くはないトイレ前のスペースが、様々な貼り紙に覆われている様子は、一種「異様」な印象を受ける。

   また、現場を訪れたというあるユーザーは、話題のトイレ付近には「ここは男子トイレではありません」というアナウンスも流れていたと報告。誤ってトイレ入ろうとする男性を止めるためか、入り口の近くには警備員までいた、とも伝えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中