2019年 1月 21日 (月)

品川駅女子トイレの「異様な光景」 「男性化粧室ではありません」大量貼り紙のワケ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「ここは『男性化粧室』ではありません」――。品川駅構内にある女子トイレの入り口に、こうした注意書きが大量に貼り出されていることが、ネット上で「やばい」「なぜ?」などと話題になっている。

   いったいなぜ、こうした状況になっているのか。J-CASTニュースが2018年3月16日、品川駅を管轄するJR東日本東京支社に聞くと...。

  • 品川駅女子トイレ入口の様子。写真はちんだ(@chinda0312)さん提供‏
    品川駅女子トイレ入口の様子。写真はちんだ(@chinda0312)さん提供‏
  • 「ここは『男性化粧室』ではありません」の張り紙がズラリ。写真はゆうか(@y_yuukapon)さん提供
    「ここは『男性化粧室』ではありません」の張り紙がズラリ。写真はゆうか(@y_yuukapon)さん提供
  • 男子トイレ側には「ここは『女性化粧室』ではありません」との張り紙も。写真はゆうか(@y_yuukapon)さん提供
    男子トイレ側には「ここは『女性化粧室』ではありません」との張り紙も。写真はゆうか(@y_yuukapon)さん提供

女性のトイレマークは11個以上も

   いま話題を呼んでいるのは、品川駅構内の2階にあるトイレ。中央改札を入って、上野東京ラインなどが通る9、10番線ホームに降りる階段へと向かう途中の場所にある。

   その女子トイレの入り口付近は現在、「ここは『男性化粧室』ではありません」などと書かれた貼り紙だらけの状況になっている。ツイッター上には、こうした状況に驚いたユーザーから、現場の様子を報告する写真が何枚もアップされている。

   投稿された写真を見る限りでは、「男子トイレではない」旨を示す貼り紙は、少なくとも8枚以上並んでいることが分かる。さらに、女性のトイレマークを描いた赤色の貼り紙は、なんと11枚以上が貼り出されているのだ。

   さらには、青色で描かれた男性のトイレマークに大きくバツ印を付けた貼り紙まで。そこまで広くはないトイレ前のスペースが、様々な貼り紙に覆われている様子は、一種「異様」な印象を受ける。

   また、現場を訪れたというあるユーザーは、話題のトイレ付近には「ここは男子トイレではありません」というアナウンスも流れていたと報告。誤ってトイレ入ろうとする男性を止めるためか、入り口の近くには警備員までいた、とも伝えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中