「自己防衛おじさん」直撃インタビュー ネットで突然「時の人」に...その心境は?

印刷

   テレビの街頭インタビューで口にした一言がきっかけで、インターネット上で一躍「時の人」となった男性がいる。

   2018年3月初旬から注目を集めたこの男性は、ネットで「自己防衛の人」「自己防衛おじさん」などと呼ばれている。きっかけは、JR新橋駅のSL広場で行われた報道番組のインタビューで、年金問題について、

「お金いっぱい欲しいんだったらさぁ。年金あてにしちゃダメじゃない?自己防衛。投資。海外移住...日本脱出だよね」

などと語ったことだ。

   しかし、このインタビューの模様が放送されたのは16年12月のこと。なぜか、放送から丸1年以上が経ったタイミングで大ブレーク。ツイッターには、男性を描いた二次創作イラストもあふれている。

   こうした現象について、当人はどう感じているのか。J-CASTニュースが、突如としてネットの有名人になったこの男性にインタビューした。

  • 「自己防衛おじさん」こと占い師の鉄平さんにインタビュー
    「自己防衛おじさん」こと占い師の鉄平さんにインタビュー
  • 占いをする際はメガネ姿に。
    占いをする際はメガネ姿に。
  • 顔立ちが「ライダー俳優のようだ」とも話題になっていた。
    顔立ちが「ライダー俳優のようだ」とも話題になっていた。

ツイッターのフォロワーが500から3万人に

   「自己防衛おじさん」の正体は、横浜市内に住む占い師・鉄平さん(37)。知人からの連絡を受けてネット上の現象を知り、自らのツイッターで「あのー、これ僕です」と名乗り出ていた。

   この投稿を発見した編集部は、ツイッターを通じて鉄平さんにインタビューを依頼。18年3月16日、東京・麹町のJ-CASTオフィスを訪れてもらい、詳しい話を聞いた。

   ――まず、鉄平さんの発言や表情がいきなり注目された今回の現象について、率直にどう思っていますか。

「率直に言うと、時代っていうものを肌で感じています。僕としては凄く光栄ですね。だって、テレビやラジオの内容って、一昔前は時間と共に忘れ去られていくものだったはず。だから、1年以上前の街頭インタビューの内容がインターネットなどを通じて掘り起こされ、いきなり話題になる。そんなこの時代ならではの現象の当事者になれたことは、嬉しく思っています。もちろん、驚きはしましたが」

   ――ご自身の周りで、何か影響はありましたか。

「ツイッターのフォロワーが500人弱だったのが、3万人になりました(編注・20日時点では3万9000人以上に)。ありがたい話で、びっくりですよね。ツイッターは2012年からやっていたんですが、一瞬でここまで増えるとは。実生活では、今のところは何もないですかね」

   ――本業は占い師ということですが、お仕事には?

「これが面白いところで、本当に何もない。(笑)もともと、昨(17)年の12月いっぱいで、新規のお客様の受付を基本的にストップしているので。もちろん、『占って』というツイートを頂くこともありますけど、状況が状況なだけに、収拾がつかなくなる可能性もあるので、申し訳ないんですがいったん見合わせている状況です。ただ、先日この騒ぎを聞きつけた、お世話になっていた占いコーナーの担当者から連絡をいただきまして、4月頃からまた横浜ベイシェラトンの鑑定コーナーに復帰することとなりました。詳しくはツイッターでお知らせできればと思っています。」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中