2019年 6月 18日 (火)

警備員の挨拶が「耳障り」VS「良い事」 スーパー「お客様の声」欄でバトル

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   あるスーパーの店内掲示板が、思わぬ形でインターネット上の注目を集めている。

   来店客からの要望や意見を貼り出す「お客様の声」欄に寄せられたクレームの是非をめぐって、客同士が店の掲示板を使って議論を始めたのだ。こうした展開に、ネット上では「まるでツイッターのリプライ状態」などと面白がる声が出ている。

  • 議論の発端となった「お客様の声」(写真はポチ袋さん提供)
    議論の発端となった「お客様の声」(写真はポチ袋さん提供)
  • 3月14日の反論意見(同)
    3月14日の反論意見(同)
  • 声かけ継続論は15日にも(同)
    声かけ継続論は15日にも(同)
  • 16日にも「声掛けが無くなってしまうのは悲しい」との意見が(同)
    16日にも「声掛けが無くなってしまうのは悲しい」との意見が(同)

「1人のクレームで...」

   話題の掲示板は、東京都内にあるイトーヨーカドー店舗に設置されたもの。ツイッターユーザーの「ポチ袋」(@osobamen)さんが2018年3月17日、掲示板の貼り紙を撮影した写真を公開したことで、ネット上の注目を集めることになった。

   議論の発端となったのは、3月2日に掲示された警備員の挨拶に関する投稿だった。駐車場の出入り口にいるという警備員が、「ご苦労様」などと通りがかる客に声をかけることについて、

「非常に耳障りですのでやめて下さい」

と訴えた。店側はこうした意見があったことについて、担当の警備会社に連絡したと伝えていたという。

   こうした「お客様の声」を見た別の客が、投稿者の意見に反論し始めたのだ。まず14日には、「声がけは良い事なので、変える必要はありません」として、

「何でもお客様の声を取り入れるのではなく、企業としてきちんと『良い』『悪い』を精査した上で対応するべきです!」

との怒りの投稿が。また15日には、「声掛け、私はとても嬉しい方なので、お店ならではの活気を感じられるので、良く思います。日本は、あいさつ文化なので!」という意見が寄せられた。

   さらに16日にも、警備員の挨拶について「私は印象良く感じていました」との声が。この投稿者は、「1人のクレームで声掛けが無くなってしまうのは悲しいです」とも訴えていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中