2019年 10月 17日 (木)

中国製造業の瓦解を救えるのか ジャック・マーの「メイド・イン・インターネット」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   中国の従来型製造業には、「集積」という言葉がふさわしいかもしれない。産業チェーンの上から下まで、多くの部分がすべて一つの中心に向かい、空前の強大さを誇る「規模の経済」と「範囲の経済」により、生産コストを減らし、最終的に中国が「世界の工場」へと躍進するのを突き動かした。

   この勢いのもとで、危機はすでに現れている。中国を猛烈な勢いで勃興させた工業形態が今、ひそかに瓦解しようとしている。これ以上、変化を求めずにいれば、中国の奇跡は終わりを告げることになるだろう。

成功した「産業集積」が引き起こす圧迫

   だが、中国の製造業も自らの運命を変えようとしている。その目標が「新製造」という大変革である。

   全中国に目を向けると、大工業地帯、産業パークは数えきれないほどある。車で一時間圏内に、設計と研究開発、原材料、加工工場、卸売市場、物流システムなどの多くの段階を網羅し、互いに協力して高速回転し、巨大な規模の経済で大量の靴や衣服、おもちゃや家具を生産している。

   最終的に優れた品質で廉価な「メイド・イン・チャイナ」製品が一つ一つコンテナに詰められ、海を渡って全世界の商品棚へ運ばれる、或いは縦横に交錯する運河や鉄道網で内陸の無数の街へと運ばれる。この過程とともに中国経済は飛躍的に発展しただ。

   しかし、このように集積した全産業チェーンが、現在ではだんだん厳しい圧迫を受けるようになり、切断されている。

   環境保護がこうした小型の加工工場を圧迫し、都市のアップグレードが卸売市場のような「ローエンド産業」を圧迫する。大都市の人口規制はローエンド労働者を圧迫し、外国貿易の低迷や為替相場の変動は、産業チェーン全体を圧迫する。

   古典的なものとしては仏山の陶磁器、杭州のアパレルがある。デザインや研究開発の一部は残されたが、その他のほとんどすべての部分はみな移転し、あるものは中国中西部へ、あるものは東南アジアやアフリカ大陸で海外工場を設立している。それぞれの距離はますます遠くなってゆく。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中