2019年 10月 14日 (月)

春日野巡業部長、騒動「見てた」? 「ポケットに手」目撃写真がネット拡散

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   京都府舞鶴市での大相撲春巡業で起きた「不適切アナウンス」問題をめぐり、騒動のさなかの春日野巡業部長とされる目撃写真が、ネット掲示板などで拡散している。ユーチューブに投稿された動画にも、よく似た人物の姿が確認された。

   春日野巡業部長は、事態発生時に「アナウンスは聞こえなかった」と説明していた。

  • YouTubeにアップロードされた動画より。画面左奥、出入口のところにグレーのジャケットを着た男性がいる
    YouTubeにアップロードされた動画より。画面左奥、出入口のところにグレーのジャケットを着た男性がいる
  • 匿名ネット掲示板「ガールズちゃんねる」より(編集部で一部加工)。なお、この写真の撮影者・投稿者を探しています。お心当たりの方は、サイト最下部の「お問い合わせ」フォームよりJ-CASTニュースまでご連絡を頂けますと幸いです。
    匿名ネット掲示板「ガールズちゃんねる」より(編集部で一部加工)。なお、この写真の撮影者・投稿者を探しています。お心当たりの方は、サイト最下部の「お問い合わせ」フォームよりJ-CASTニュースまでご連絡を頂けますと幸いです。

春日野親方を撮影した写真が投稿される

   2018年4月4日に舞鶴文化公園体育館で行われた春巡業。多々見良三・舞鶴市長が土俵上でのあいさつ中に倒れ、複数の女性客が咄嗟に土俵に上がり心臓マッサージをした。ほどなくして若手行司が「女性は土俵から降りてください」とアナウンスを入れ、東の花道からは担架や自動体外式除細動器(AED)を持った救急隊員が駆けつけた。人命のかかる状況でのこのアナウンスは物議を醸し、協会の八角理事長は同日「不適切でした」と謝罪した。

   巡業の責任者である巡業部長をつとめる春日野親方は5日、市長が倒れた当時に自身は「トイレに行っていた。アナウンスは聞こえなかった」などと説明。騒動をそもそも「まったく把握していなかった」と主張している。

   だが、匿名インターネット掲示板「ガールズちゃんねる」で4日、京都新聞の報道をもとに立てられたスレッド「救命女性に『土俵から降りて』 大相撲巡業、市長倒れ」には、こんな目撃談の投稿がある。

「巡業部長 トイレ行っててアナウンスは聞いていなかったってコメント出してる。アナウンスの時、私の横で見てたんだけどな。。。」

   投稿には写真が付されており、非常口の電灯がある出入口で、ポケットに手を入れてたたずむ春日野親方の姿を鮮明に捉えている。背後に「役員室」の表札があり、メディアが紹介している会場の見取り図に照らせば東の花道への出入り口にいるようだ。服装はグレーのジャケット、淡いブルーのシャツ、ネイビーのネクタイ、濃紺のスラックス。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中