2018年 7月 19日 (木)

「ブギーポップ」アニメ、公式「沈黙」1か月 トラブル影響?KADOKAWAに聞くと...

印刷

   2018年内の放送開始を予定しているテレビアニメ「ブギーポップは笑わない」の公式サイト、ツイッターが1か月近く更新を停止している。4月10日には、原作小説の新刊が発売されたが、それにも一切の反応を見せていないのだ。

   同作をめぐっては、原作のイラストを手掛けている緒方剛志氏がツイッターで、今回のアニメ化のプロセスについての不満を繰り返し訴え、物議を醸していた。それだけに、ファンの間では「情報が全然出てこない」「大丈夫なの...?」と心配する声も広がっている。

  • 「ブギーポップは笑わない」ティザービジュアル
    「ブギーポップは笑わない」ティザービジュアル

原作イラスト緒方氏のツイートが波紋

   アニメ「ブギーポップ~」は、1998年に刊行された同名のライトノベルが原作。著書は上遠野(かどの)浩平さんで、緒方氏がイラストを担当している。

   現在もシリーズは続いており、18年4月10日には22巻目となる「ブギーポップ・ビューティフル パニックキュート帝王学」が発売されたばかり。今も根強い人気を誇る人気作で、刊行20周年を迎えるタイミングでのアニメ化は大きな話題を呼んだ。

   だが、原作イラストを担当する緒方氏が、アニメ化が発表された3月11日以降、ツイッターで繰り返し制作サイドへの不満を訴えたのだ。

   まず11日朝には、「僕は一ミリも仕事をさせていただいていない」と一言。また15日には、アニメの作画に言及したとみられる投稿で、「発表で初めて見た」「本気でクソムカつく」などと呟いていた。

   さらに22日未明には、ヒロインのビジュアルを掲載したアニメ公式ツイッターの投稿を引用する形で、「てめー誰だ。一回も見たこともない。家にコピー紙一枚、JPEG一枚来たこともない絵が公式とか言ってて笑う。笑わないのに」。その上で、

「こんなこと言ったら監督は辞めるんだってさ。めんどくせぇ」

と意味深な投稿も。続けて、「アニメ化はどうなるかはわかりませんが。僕はまぁスッキリしました」とも訴えていた。

   そのほか、緒方氏は今回のアニメ制作を担当するマッドハウス社の公式ツイッターに対しても、話し合いを求める内容のリプライ(返信)を15日に送っていた。しかし、制作会社側から反応はなかったようで、22日には再度「無視ということでよろしいですね?」とリプライしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中