2018年 6月 22日 (金)

「羽生結弦展」グッズ転売に悲鳴 「キューピー」全4種(各800円)→5万5000円に

印刷

   平昌五輪のフィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪連覇を果たした羽生結弦選手(23)のグッズ転売に歯止めがかからない。

   東京の日本橋高島屋では2018年4月11日、羽生選手の輝かしい軌跡をたどる「羽生結弦展」(23日まで、主催・読売新聞社)が開催。フリマアプリ「メルカリ」では同日から、同展限定のオリジナルグッズが次々と出品されており、ツイッターでは通信販売を求める声が続出している。

  • 羽生結弦選手(写真は2018年2月撮影)
    羽生結弦選手(写真は2018年2月撮影)
  • いずれも会場限定の商品ばかりだが…(J-CASTニュース編集部撮影)
    いずれも会場限定の商品ばかりだが…(J-CASTニュース編集部撮影)

「マジでやめて!」

   日本橋高島屋の同展では、羽生選手のポストカードセット(税込各700円)やA4クリアファイル(各450円)、写真集(2500円)など、会場限定のオリジナルグッズを多数販売している。

   購入できるのは、1人あたり各種5点まで。「羽生結弦展」のウェブサイトでは「転売、譲渡目的でのご購入は固くお断りいたします」と呼びかけていた。

   そんな中、実はこうした各種グッズが開催日の4月11日以来、日本最大級のフリマアプリ「メルカリ」やオークションサイト「ヤフオク!」などで相次いで「転売」されている。「メルカリ」では4月13日現在、「羽生結弦展」と検索すると758件の商品(売り切れ含め)がヒットする。

   たとえば同展8階では、羽生選手をモチーフとする「コスチュームキューピー」(全4種、各800円)が好評を博しており、13日現在で販売を終了している。だがメルカリでは、会場配布のチラシなどを含めた「キューピー」4種の組み合わせが5万5000円(送料込み)で出品されているのが現状だ。

   ツイッターではこうした事態に

「羽生結弦展 転売目的で購入してる人、それを買う人やめて下さい」
「羽生結弦展のグッズ転売されすぎてため息しかでない 違法ではないけど良心やモラルとかないのかなあ」
「羽生結弦展のグッズが初日にもう高額転売されてるって...マジでやめて!!結弦はこんな事望んでない......」

と悲鳴交じりの声が続出した。

   中には「日本橋高島屋 御中 羽生結弦展のグッズ通販お願い致します」「今からでもいいです......通販ご検討お願いします!!」と転売を防止するための通信販売の解禁を求める声も少なくない。

ネット通販「要請していません」

   日本橋高島屋の広報担当者は、4月12日のJ-CASTニュースの取材に

「現時点で、インターネット上での販売は要請していません」

とコメント。

   会場で購入した商品を転売する行為については、「われわれ小売業の立場からすると、現状の法律ではお客様の購入を制限することなどはできません」とし、

「会場限定のオリジナル商品が転売されているとしたら、それは残念なことです。1人でも多くの方に現場へ足を運んでもらい、購入してほしい」

と訴えた。

   羽生選手のグッズをめぐっては、出身地の仙台市で22日に開催されるパレードの費用に充てる記念Tシャツのネット転売が明るみになったばかりだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中