2018年 12月 10日 (月)

「財務省はヒステリー」 元「身内」の山口真由が猛批判 女性記者に「出てきてほしい」の対応に

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   福田淳一・財務事務次官のセクハラ疑惑報道で、被害者と報じられた女性記者に財務省が「直接連絡いただきたい」と呼びかけたことに対し、元財務官僚の弁護士・山口真由氏が「こんなの見たことないし異常」と強く批判した。

   山口氏は2018年4月17日放送の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)に出演。元「身内」ながら、今回の財務省の対応に「どうしても解せない」と疑問点をあげた。

  • 財務省が4月16日に公表した文書。「週刊誌報道に示されたようなやりとりをした女性記者の方がいらっしゃれば、調査への協力をお願いしたい」などと書かれている。
    財務省が4月16日に公表した文書。「週刊誌報道に示されたようなやりとりをした女性記者の方がいらっしゃれば、調査への協力をお願いしたい」などと書かれている。

「財務省としては相当感覚がズレている」

   週刊新潮4月19日号(12日発売)がスクープしたところでは、福田次官が財務省担当の30代女性記者を自宅近くのバーに呼び出し、「抱きしめていい?」「胸触っていい?」などとセクハラ発言を連発。「ダメですよ」と拒否する女性記者にも構わず繰り返した。新潮のウェブサイトにはやり取りを記録した音声データが公開されている。

   すると財務省は、矢野康治官房長が福田次官を聴取したとして、16日にその内容を公表。福田次官は「女性記者との間でこのようなやりとりをしたことはない」と完全に否定したという。

   それだけでなく、「ただし、一方の当事者である福田事務次官からの聴取だけでは、事実関係の解明は困難」だとして、心当たりの女性記者に対し調査への協力を要請。「対応は下記弁護士事務所に委託しており、調査に協力いただける場合は、下記事務所に直接連絡いただきたい」という手段に出た。

   元財務省官僚の弁護士・山口真由氏は「モーニングショー」で、財務省が女性記者に連絡を要請したことに対して

「本当に異常だと思う。財務省としては相当感覚がズレていて、自分たちは公正を期していると思っているのか、そうでなければ相当強い弾を隠し持っているのか、この2つしか考えられない。財務省発表の3点目(直接連絡してほしい旨)を見て、こんなの見たことないし異常だと思った」

と強く批判した。また「事務次官はほとんど予定がつまっている。財務省トップは官僚トップでもある。女性記者なら何としてもそこで何か取りたい、という記者魂は理解できる」と、女性記者に理解を示した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中