2018年 11月 22日 (木)

暴言自衛官を擁護? 小野寺防衛相「彼も当然思うところは...」発言で紛糾 小西議員も怒り収まらず

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   幹部自衛官が民進党の小西洋之参院議員に対して「国民の敵」などと暴言を吐いた問題で、小野寺五典防衛相の答弁が「発言を擁護した」などと問題視されている。

   小野寺氏は、暴言を吐いた隊員について「当然思うことはあると思う」と発言。これが野党の批判を受け、小野寺氏は「擁護するつもりはない」と釈明したものの、小西氏は「擁護するもの以外の何物でもない」と反発を強めている。

  • 小野寺五典防衛相は自衛官の暴言を「擁護するつもりはない」と釈明した(写真は参院インターネット中継から)
    小野寺五典防衛相は自衛官の暴言を「擁護するつもりはない」と釈明した(写真は参院インターネット中継から)

「国会議員を『国民の敵』と思う内心の自由があるということか」

   小野寺氏は2018年4月17日、記者団を前に幹部自衛官の暴言を陳謝する中で、

「若い隊員がおり、様々な思いもあり彼も国民の一人でありますので当然思うことはあると思う」

と発言。これが暴言を吐いた自衛官を擁護する発言だとして問題化した。

   4月19日の参院外交防衛委員会で、小野寺氏は

「私としては、この隊員について擁護するというつもりはない」

と答弁する一方で、

「自衛官にも憲法で保障された内心の自由は認められる」

とも発言。民進党の藤田幸久参院議員が、

「国会議員を『国民の敵』と思う内心の自由があるということか」

と突っ込むと、小野寺氏は

「憲法に保障された内心の自由は有してはおるが、自衛官の立場として、今回のようなことはあってはならない」

と応じた。小西氏の怒りは収まらず、ツイッターで一連のやり取りを報じる記事を引用しながら、

「小野寺大臣は『自衛官にも憲法で保障された内心の自由は認められる』と主張するが、これは幹部自衛官の暴言を擁護するものだ。そもそも、国会議員を『国民の敵』などと考えることのない内面を育成するのがシビリアンコントロールの根幹のはず」

と書き込んだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦会議」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中