2019年 11月 17日 (日)

羽生結弦パレードで「ルール」違反 数百人「場所取り」で「落し物」続出

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   フィギュアスケート男子の羽生結弦選手(23)の祝賀パレードを開催した会場の路上で、一部のファンが場所取りで使用したとみられるレジャーシートなどの落し物が見つかっていたことが分かった。

   ごみがほとんど路上に残っておらず、沿道に詰めかけたファンのマナーが素晴らしいと報じられていたが、落し物の実態を目にした人からは、そんな報道に疑問の声が上がっている。

  • 羽生結弦選手(写真は2018年2月撮影)
    羽生結弦選手(写真は2018年2月撮影)

椅子や毛布、レジャーシート「届けられていました」

   羽生選手の祝賀パレードは2018年4月22日、仙台市中心部の大通りなどで開催。市のスポーツ振興課によると、県内外から約10万8000人が沿道に詰めかけた。会場では終了後、学生ボランティアや県、市の職員ら約1000人がビニール袋を各自3つ用意し、ごみを回収した。集まったのは、90リットル入りごみ袋6袋分。特に大きな混乱もなく、イベントは無事に終了したという。

   約10万8000人が訪れたにもかかわらず、ごみ袋6袋分で済んだことに驚きの声が上がっているとして、テレビや新聞では「羽生ファン マナーもさすが」「マナー満点」などのタイトルで大きく報じた。ツイッターなどネット上でも、ファンのマナーが素晴らしいと反響を呼んだ。

   市スポーツ振興課の担当者は24日夕のJ-CASTニュースの取材に「パレードの開催にあたり、ごみの持ち帰りを呼びかけていました。皆様のご協力により、想定より少なくおさまったと思います。ご協力に感謝いたします」とコメントした。

   ただツイッター上では、一連の報道に疑問の声も上がっていた。仙台市在住の30代女性は23日、ツイッターで「場所取りに使った椅子、毛布、レジャーシートなどはそのまま打ち捨てられていました。ゴミとしてはカウントされず、落し物として届けられていました」と投稿。前日から会場で「場所取り」していたファンの一部に苦言を呈したのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中