2019年 12月 8日 (日)

ハリルホジッチ暴露「不満をもらした選手は2人」「会長と直接やりとり」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   サッカー日本代表を突如解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏が2018年4月27日、日本記者クラブで会見し、自身への不満を日本サッカー協会(JFA)に直接伝えていた代表選手がいたといい、不満があったのは「2人か」と述べた。

   ロシア・ワールドカップ(W杯)への出場を決めたオーストラリア戦の後も、「2人の選手ががっかりしていた」という。だがハリルホジッチ氏の話では、JFAからそうしたチーム内の不満について何の相談も受けないまま、いきなり解任が通告された。

  • 日本記者クラブで会見するバヒド・ハリルホジッチ前日本代表監督(2018年4月27日撮影)
    日本記者クラブで会見するバヒド・ハリルホジッチ前日本代表監督(2018年4月27日撮影)

「がっかりしていること自体に悲しくなった」

   ハリルホジッチ氏の解任は9日、JFAの田嶋幸三会長が発表。理由は「選手と監督のコミュニケーションや信頼関係が薄れた」ためだとしていたが、ハリルホジッチ氏は27日の会見で真っ向から反論した。

「3年前の就任時から、誰とも、特に選手と何も問題はなかった。海外組であろうと、国内組であろうと、常に連絡を取りあっていた。何度電話で話したことだろう」

   ハリルジャパンは17年8月のW杯アジア最終予選・オーストラリア戦で勝利し、1試合を残してW杯出場を決定。この試合は攻守の組織が機能したとして高い評価を得ている。だがハリルホジッチ氏はこう言った。

「オーストラリアに勝って予選通過したあの試合の後ですら、2人の選手ががっかりしていた。試合に出なかったということで。その選手は何年も試合に出ていた。だから、がっかりしていること自体に悲しくなった」

   このオーストラリア戦で出場しなかったのはMF本田圭佑、MF香川真司、MF柴崎岳、MF小林祐希、DF三浦弦太、DF槙野智章、DF酒井高徳、GK東口順昭、GK中村航輔の9人。かつ「何年も試合に出ていた」選手となると限られてくる。

   不満をもらす選手が「2人」いるという旨の言葉はもう一度飛び出している。

「その選手は2人いるのか。不満は2人なのか。私は15人ほどから『(解任は)残念だ』というメッセージを直接もらっている。会長から前もって、『バヒド、問題があるみたいだよ』と言ってほしかった。会長には解雇権があるから解雇自体は問題ではない。ショックなのは、問題を誰も何も教えてくれなかったことだ」

   そうした選手が、ハリルホジッチ氏を介さずにJFAとやり取りしていたようだとの話も、次々に明かした。

「何人かの選手が不満をもらしているとは聞いている。会長とやり取りされているようだ。テクニカルスタッフの何人かともコンタクトをとっていたようだ」
「私の知らないところでどういったやり取りがあったかは不明だ。西野朗技術委員長から、『(3月の)ベルギー(遠征)で選手が1人不平不満を言っている』と聞いた」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中