2018年 5月 21日 (月)

武井壮が持論 ヨガ店選びが「大臣のチョイスとしてはベスト」な理由

印刷

   林芳正文科相の「公用車でキャバクラヨガ」報道について、タレントの武井壮さん(44)は、ヨガ店の選択が「ベスト」だと評価した。

  • 「大臣のチョイスとしてはベスト」(画像はイメージ)
    「大臣のチョイスとしてはベスト」(画像はイメージ)

「公用車で行く以外は」

   2018年4月29日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)では、25日発売の「週刊文春」(2018年5月3日・10日号)に掲載された林文科相が公用車でヨガ店に通っていた件について取り上げた。

   武井さんはコメントを求められると、件の個室ヨガ店を経営する庄司祐子(34)と知り合いだと明かした。6、7年前に食事をした際にお店を経営する考えを聞いたといい、順調に続いていたことから「頑張っているな」と思っていたという。

   そうした関係も踏まえ、武井さんは

「この店はちゃんとヨガもしっかり受けられる、身体を使った後にマッサージも受けられる、個室で誰にも見られない。しかも美女でしょ。で、ヨガの技術もすばらしいんで、大臣のチョイスとしてはベストだったんじゃないかな、と。公用車で行く以外は」

と評価した。

「奥様がいる時間に家にトレーナーさんに来てもらえば何の問題もない」

   一方、他の出演者は批判的な考えだ。セクハラが問題視されている今の状況からタイミングの悪さを指摘する人もいたが、女医でタレントの西川史子さん(47)はまた別の意見で、

「ああいう雑居ビルに大臣が歩いて登っていくっていう時点で私は間違っていると思う」

などとセキュリティー面から問題提起した。

   報道に影響されたわけではないというが、西川さん自身も昨日(4月28日)からヨガを習い始めたといい、「私はパーソナルトレーナーを家に呼ぶようにしている」ことを明かした。スッピンを見られるのが嫌だというのが理由の一つのようだが、

「大臣も奥様がいる時間に家にトレーナーさんに来てもらえば何の問題もないと思うんです」

と提案した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中