2018年 5月 24日 (木)

釜山の徴用工像「設置阻止」か 警察が市民団体「強制排除」

印刷

   韓国・釜山の日本総領事館前の慰安婦像の横に「徴用工像」を設置しようとの問題は、警察当局が設置阻止に成功しつつあるようだ。

   像設置を目指している「積弊清算・社会大改革釜山運動本部」を名乗る市民団体は、メーデーの2018年5月1日に設置するとしていた。だが、韓国メディアによると、同日朝、警察は団体メンバーを強制的に排除。にらみ合いが続いているものの、市民団体側が設置予定地を奪還するのは不可能だとみられる。

  • 韓国・釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦像(2017年1月撮影)。すぐ隣に徴用工像の設置が計画され、警察とのにらみ合いが続いている
    韓国・釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦像(2017年1月撮影)。すぐ隣に徴用工像の設置が計画され、警察とのにらみ合いが続いている

メーデーの5月1日に設置を宣言していた

   徴用工像の設置をめぐっては、韓国外務省や釜山市が、外交問題を理由に設置に反対する一方で、領事館前の道路を管轄する同市東区庁の朴三碩(パク・サムソク)区庁長は、世論の反発を背景に

「市民団体が領事館の前に徴用工像を設置しても物理的に撤去することはないだろう」

と発言。5月1日に向けた動向が注目されていた。

   団体側は4月30日夜から総領事館前に陣取っていた。5月1日に徴用工像を設置場所に移動しようとしたところ、警察は総領事館周辺の100メートル以内では集会が禁じられていることを理由に、像と団体メンバーとを強制的に引き離した。この際一時もみ合いになり、約10人が負傷したという。警察は総領事館付近の歩道を封鎖し、団体メンバーが接近できない状態になっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中