2019年 11月 23日 (土)

障害者用駐車スペース中央に三角コーン 停めるまで18分もかかる現実にルールなし

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   「車椅子で車の運転して移動した先、こうなってるとしんどい」――。車いすの利用者がツイッターでそんな悩みを告白したところ、リツイート6000件超の反響を呼んでいる。

   車を障害者用駐車スペースに停めようとした投稿者。スペースの中央に車いすマークの三角コーンが置いてあり、ひとまず動かさざるを得ない。だが、それは本人にしてみれば「試練」以外の何物でもない。

  • 写真提供:古代戦車さん
    写真提供:古代戦車さん

警備員がいる場合は?

   投稿者は、車いす利用歴3年の「古代戦車」さんだ。ツイッターで2018年4月17日、「車椅子で車の運転して移動した先、こうなってるとしんどい」と投稿。ショッピングモールの駐車場などにある障害者用駐車スペースを撮影した写真も公開した。駐車スペースの中央にあるのは、車いすマークの三角コーンだ。

   この三角コーンを置く目的は、一般の利用者が障害者用のスペースに停めることを防ぐためだ。だがこうして中央に置いていると、本来その場所を必要とする人の妨げとなってしまう。「どうすれば良いんだろう...」「コレは確かに。本末転倒だよね...」など、古代戦車さんのツイートは大きな反響を呼んだ。

   この場合、古代戦車さんはどのように駐車しているのか。J-CASTニュースの取材に「お店の前の駐車場であった場合や、警備員や誘導員の方がいる場合、近くに他の人が駐車場にいる場合は、声をかけてコーンを退けてもらいます」と明かした。「ありがたいことに、ほとんどの方は快く引き受けてくれる」という。

   問題は、駐車場の周りに誰もいない時だ。「駐車スペースの前でハザードをたき、停車します。車いすを下ろし、パイロンを退かした後、再び車いすを積み、駐車します」。仮に、隣の「ゼブラゾーン」を共有する駐車スペースが空いていれば、専用スペースでなくそこに駐車する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中