2018年 9月 24日 (月)

イチロー、今季欠場で「50歳現役」は? 「ありがとう」「中途半端」とファン複雑

印刷

   米大リーグのシアトルマリナーズは、イチロー選手が、現地時間の2018年5月3日、ベンチ入りの25人から外れ、会長付きの特別アシスタントに就任することを発表した。

   これにより、今シーズンの試合は欠場となるが、イチローの代理人は、引退ではないとし、来季の出場の可能性もあるという。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

「今後もチームに貢献する」

   米メディアなどによると、マリナーズのゼネラルマネージャーのディポト氏は、

「イチローがフィールドの外でもたらすすべての価値を確かにしたかった。選手やスタッフの中でのイチローの存在感によってチームの勝率が上がる。これは私たちにとっても、イチローにとっても最も最優先事項だ」

と、フィールド外でのイチロー選手の活躍に期待を寄せ、この合意は2018年だけのものではあるが、今後も長くチームに関わってほしいと語った。

   今後は、練習に参加しながら選手らをサポートし、時にはプレーについてアドバイスするという。

   イチロー選手は、記者会見で

「この2か月間は、これまでで最も幸せな時間でした」

と振り返り、どのような形でもチームに貢献していくという意気込みを語った。

MLB公式アカウントが功績を称える動画

   「最低50歳まで」と、現役を続けることを常々語っていた44歳のイチロー選手のこの決断に、MLBの公式アカウントは「ありがとう、イチロー」という日本語のテロップを付けた、初安打、レーザービーム、メジャー通算3000本安打など、イチロー選手のプレーをまとめた60秒の動画を公開してこれまでの功績を称えた。

   このニュースが伝わると、日本のファンからもネット上では、

「素晴らしいプレー、そして思い出をありがとう」
「長い間素晴らしい活躍見せていただきありがとうございました」

と、これまでの功績をたたえる声が相次いだ。

   一方で、これを「実質的な引退」と見るファンも少なくなく、

「中途半端なら契約するならメジャーは辞めて日本に帰ってきて欲しかった...」
「他のチーム手上げてくれへんやろか。これで終わるのは中途半端過ぎる」

と、特別アシスタント就任を「中途半端」という指摘も上がり、日米で多大な功績を挙げた名選手に対して、複雑なファン感情が交錯している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中