2018年 11月 14日 (水)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
「米朝首脳会談でノーベル賞を」めぐる分断

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   歴史的な瞬間――。板門店 (パン・ムンジョム)にある南北軍事境界線を越えて韓国入りした北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長を、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が出迎え、笑顔で固く握手を交わす様子が、今もFoxニュースで繰り返し流されている。

   2018年5月2日にはトランプ大統領が、北朝鮮に拘束されている3人のアメリカ人について、「Stay tuned!(乞うご期待!)」と解放を示唆するツイートを流した(前政権は解放に失敗したとつぶやいているが、そのうちの2人はトランプ政権中に拘束された)。

  • 「板門店で握手する金正恩委員長(左)と文在寅大統領。この2人にもノーベル平和賞の予想が流れている」(画面は韓国・アリランテレビから)
    「板門店で握手する金正恩委員長(左)と文在寅大統領。この2人にもノーベル平和賞の予想が流れている」(画面は韓国・アリランテレビから)

CNNは連日の不倫報道

   解放の可能性について、トランプ氏自身も、支持者らも、「トランプ氏が強硬に圧力をかけ続けてきた成果だ」と評価している。

   「トランプは、MAGA(Make America Great Again、偉大なアメリカを取り戻そう)どころか、Make the World Great Again(偉大な世界を取り戻そう)としている」といった賞賛の声もあがっている。

   トランプ氏は2018年4月28日、中西部ミシガン州での支持者集会で演説し、北朝鮮問題で成果を上げていると語ると、会場から「ノーベル賞、ノーベル賞」の連呼がわき起こった。これに「That's very nice. Thank you. (それは素敵だね。ありがとう)」と親指を立てて笑顔で応えた。

   そして5月2日、共和党の下院議員18人が連名で、トランプ大統領をノーベル平和賞候補に推薦したというニュースが流れた。

   しかし、リベラル派の間では、「北朝鮮問題で評価されるべきは、金正恩を罵倒し続けたトランプではなく、太陽政策で粘り強く対話を続けてきた文在寅だ」、「アメリカだけでなく、韓国、中国、日本が手を取り合った成果だ」と、トランプ氏を評価する声は少ない。

   CNNやABCニュースは、ロシア疑惑のほか、肉体関係を持ったとされるポルノ女優への口止め料の支払いについて、国民に対して嘘をついてきたと、毎日のようにトランプ氏を激しく非難している。

「プライベートで何をしようとそれは夫婦の問題で、私たちには関係ない。でもこれは道徳の問題ではない。小さな嘘をつく人間は、大きな嘘もつく。そういう人にこの国を任せてよいのかという、道徳を超えた問題なのです」

   こうした批判に、トランプ支持者のジョナサン(48)は、鬼の首を取ったように話す。

「 リベラル派たちはつい最近まで、トランプが北朝鮮相手に核戦争を引き起こすと大騒ぎしていたから、何も言えないだろ。過激な発言を繰り返して北朝鮮をあおっているように見えながら、実際には和平に向けて着々と働きかけていたんだ。政治に関係ないことで騒いでいないで、トランプ大統領のこの歴史的な業績を、党派を超えてアメリカ人として喜ぶべきだろう?」

「北朝鮮が変わるわけがないわ」

   ノーベル平和賞候補のニュースをネットで知った時、私はニューヨーク市の中心部、5番街に面した図書館のカフェでコーヒーを飲んでいた。

   小さなテーブルに相席していた中年女性とおしゃべりしながら、トランプ氏のノーベル平和賞候補に推薦の話を告げた。ニューヨークのカフェでは、赤の他人との相席は珍しいことではない。

   女性は「トランプ」の名を聞いただけで、嫌そうな顔をし、「馬鹿げた話。北朝鮮が変わるわけがないわ」と言い切った。

   その女性は南部アーカンソー州の出身で、首都ワシントンに住んでいるという。自分の先祖が肖像画家で、その人について調べにこの図書館に来ていた。

   アーカンソーといえば、ビル・クリントン元大統領の出身地で、知事や司法長官を務めた州。クリントン氏の選挙活動などをボランティアで手伝っていたが、「モニカ・ルインスキーとの不倫問題で、私たちの顔に泥を塗ったわ」と顔をしかめる。

   2016年の大統領選では支持していたバーニー・サンダース氏が民主党の大統領候補に選ばれなかったため、「仕方なくヒラリーに投票した」と言う。

「トランプは何をしでかすかわかったものじゃない。気分を損ねたら、核のボタンを衝動的に押しかねないわ」と顔を曇らせる。

   「北朝鮮が完全に核を放棄したら、トランプ氏を評価する?」と私が尋ねた。

「 もしそうなったら、少しは評価してもいい。でも、そうはならないわ」

   じつはトランプ支持者の多くも、これで朝鮮半島に和平が訪れると単純に考えているわけではない。現状をかなり冷静に見ている。

   トランプ氏を支持し続けている友人のロブ(67)ーは,「クリントンもオバマも、北朝鮮にやりたい放題やらせてきた。それに比べたら、ここまで北朝鮮を変えさせたトランプは、素晴らしいと思う。でも、喜ぶのはまだ早い。結果が出るのは、これからだ。日本の国民はどう思っているんだい? 態度を一変させた金正恩は今、いったい何を考えているのか」と首を傾げる。

   各国の制裁圧力に加え、北朝鮮の地下核実験場の一部が崩落して使用不能になったことがその理由との報道もあったが、4月30日に発表された分析では、未だに使用可能とされている。

   米国では、金正恩氏に対する懐疑心や不信感は、今もかなり強い。一部の間では、以前にも増して強まっている感がある。

   正統派ユダヤ教徒のベン(61)は、家族・親族のほとんどがトランプ氏を支持している。ベンは数日前に会った時、トランプ氏がその前日にノーベル平和賞候補に推薦されたことをまだ知らなかった。

「トランプにノーベル平和賞? 気でも狂ったのか」

   そう言うと、ベンは自分のiPhoneを私に差し出し、衝撃的なビデオを見せた。

(この項続く、随時掲載)


++ 岡田光世プロフィール
おかだ・みつよ 作家・エッセイスト
東京都出身。青山学院大卒、ニューヨーク大学大学院修士号取得。日本の大手新聞社のアメリカ現地紙記者を経て、日本と米国を行き来しながら、米国市民の日常と哀歓を描いている。米中西部で暮らした経験もある。文春文庫のエッセイ「ニューヨークの魔法」シリーズは2007年の第1弾から累計37万部を超え、2017年12月5日にシリーズ第8弾となる「ニューヨークの魔法のかかり方」が刊行された。著書はほかに「アメリカの家族」「ニューヨーク日本人教育事情」(ともに岩波新書)などがある。


今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中