2019年 4月 25日 (木)

のど自慢でハプニング!? 個性派出場者の「チェリー」にお茶の間凍る

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   NHKのど自慢(2018年5月6日放送)で、まさかの発言が飛び出した。

   そんな発言をしたのは、スピッツの「チェリー」を歌った名古屋市在住の男性。ツイッターでは一時トレンド入りを果たすほどに注目されたが、お茶の間ではこの発言に一時凍りついたひともいたようだ。

  • のど自慢で「チェリーボーイ」現る(画像はイメージ)
    のど自慢で「チェリーボーイ」現る(画像はイメージ)

「10番、チェリー!まあ、私がチェリーボーイなんですけど」

   番組では、10番目に小田切千アナウンサーの紹介で、バンドでボーカルとドラムを務めているという、メガネをかけた18歳の学生が登場。すると、

「10番、チェリー!まあ、私がチェリーボーイなんですけど」

と開口一番、曲名とともに自らが「チェリー」であることを暴露した。

   バンドにいるだけあって歌唱力は抜群で、クネクネとした独特の振り付けとともに歌い続けると、合格の鐘が鳴る。中指を立てて「フォウ」「まさか鳴ると思ってなかったんで、マジでいまびびってます」と述べ、喜びを表現すると、

「あ、紹介遅れました、小林メンバーと申します」

と、自らの名字に「メンバー」をつけ、TOKIOの「山口達也メンバー」という呼称を意識したかのような自己紹介を披露。

   これには小田切アナウンサーも吹き出しながら、

「ちょっと、このノリついていけないんですけど...」

と、歌手の丘みどりさんに話を振ると、「一度お会いしたら忘れないインパクト」と評した。

   小田切アナウンサーが「いつもそんな感じなの?」と尋ねると、

「いつもこれです、デフォルトでこれなんで」

と「小林メンバー」は笑顔を見せたものの、冒頭の「宣言」について触れることはなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中