2018年 5月 24日 (木)

アメフト「危険タックル」はチームの指示か 日大は否定も現役選手は「違和感」

印刷

   アメフトの日本大学と関西学院大学の試合で、日大の選手がプレーとは直接関係のない場所で危険な反則タックルをした問題。あのプレーは選手個人の「暴走」だったのか、それともチームから何らかの「指示」があったのか。

   アメフトの社会人リーグ「Xリーグ」でプレーする前田眞郷(しんご)選手はJ-CASTニュースの取材に、現段階で真相は不明だと断りつつも、「1プレーヤーの見解としては、あのレベルの反則を、選手が個人の判断でやることは100%ありえないと思う」と話す。

  • 問題となった危険タックルの瞬間。無防備な選手に背後からぶつかっている(関西学院大学提供)
    問題となった危険タックルの瞬間。無防備な選手に背後からぶつかっている(関西学院大学提供)
  • 【危険タックルの一部始終(1)】青のジャージが関学、赤が日大。パスを投げ終えた関学QBに、日大が選手走り寄る
    【危険タックルの一部始終(1)】青のジャージが関学、赤が日大。パスを投げ終えた関学QBに、日大が選手走り寄る
  • 【危険タックルの一部始終(2)】無防備な関学QBの背後から…
    【危険タックルの一部始終(2)】無防備な関学QBの背後から…
  • 【危険タックルの一部始終(3)】日大選手はヘルメットからタックルする
    【危険タックルの一部始終(3)】日大選手はヘルメットからタックルする
  • 【危険タックルの一部始終(4)】タックルを受けた関学QBはこのプレーで負傷し、フィールドを去った
    【危険タックルの一部始終(4)】タックルを受けた関学QBはこのプレーで負傷し、フィールドを去った

関学は「正式な謝罪」求め抗議

   問題となったラフプレーは、2018年5月6日に行われた日大と関学の定期戦で起きた。試合の冒頭から、日大のディフェンス選手が悪質なラフプレーを連発。わずか5プレーで退場処分となったのだ。

   なかでも問題視されているのが、パスを投げ終え無防備となった相手のクォーターバック(QB)に背後から走り込んで強烈な反則タックルを加えたことだ。このプレーで関学のQBは負傷。フィールドを離れることになった。

   日大の内田正人監督は問題のプレーについて、

「選手も必死。あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」

と話したという。ニッカンスポーツが6日夜に配信したウェブ版記事で伝えている。

   こうした問題をめぐって、試合を主催した関東学生アメリカンフットボール連盟は5月10日に声明を発表。該当選手は対外試合の出場を禁止とし、日大の内田監督は厳重注意としたと報告した。最終的な対応は、規律委員会の調査を経て決定するという。

   日大アメフト部も同日に公式サイトに謝罪文を掲載し、「今回の事態を厳重に受け止め、今後はこのようなことがないよう、これまで以上に学生と真摯に向き合い指導を徹底してまいります」とした。

   だが、関学の鳥内秀晃監督らは12日に記者会見を開き、正式な謝罪を求める抗議文を日大側に送ったことを明らかに。16日を期限とした日大からの返答が誠意のあるものだと判断できなかった場合は、翌年以降の定期戦は行わないとした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中