2019年 11月 22日 (金)

カンニング竹山「日大上層部、全員辞めるべき!」 アメフト問題「20歳の子を守れない」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   お笑い芸人のカンニング竹山さんが2018年5月23日、「直撃LIVEグッディ!」(フジテレビ系)に出演し、日本大学アメリカンフットボール部の監督らを含めた「上層部」に対し、激怒した。

   竹山さんは本場米国のチーム「グリーンベイ・パッカーズ」のファンを公言しているアメフト好きで、危険タックル問題についても度々メディアで意見を語っている。

  • 日大対応に激怒
    日大対応に激怒

「誤解」繰り返す大学の主張を「素人じゃないんだから」と一蹴

   22日、都内で謝罪会見を開いた日大の宮川泰介選手は、タックル実行に至った経緯などを詳細に説明。内田正人・前監督らによってプレー出来ないように追い込まれていたことや、日本代表を辞退するよう求められるなど、理不尽な扱いを受けていたことなども明かした。

   日大側はその会見を受け、「クォーターバック(QB)をつぶせ」という言葉は「最初のプレーから思い切って当たれ」の意味であるとし「誤解を招いたとすれば、言葉足らずであった」と、「反論」ともとれるコメントを発表している。

   この騒動について特集が組まれた23日の「グッディ」では、竹山さんは

「ああやって1人で会見した20歳の子をね、何も守れない、何もしないという日大の上層部は、はっきり言ってクソですよ!全員辞めるべきですよ!」

と、激怒しながら日大の対応を強く批判した。

   竹山さんは、言葉の受け取り方の違いという主張を繰り返す日大側についても、

「そんなわけないんですよ。素人がやってるんじゃないんだから」

と指摘した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中