2018年 10月 16日 (火)

カンニング竹山「日大上層部、全員辞めるべき!」 アメフト問題「20歳の子を守れない」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   お笑い芸人のカンニング竹山さんが2018年5月23日、「直撃LIVEグッディ!」(フジテレビ系)に出演し、日本大学アメリカンフットボール部の監督らを含めた「上層部」に対し、激怒した。

   竹山さんは本場米国のチーム「グリーンベイ・パッカーズ」のファンを公言しているアメフト好きで、危険タックル問題についても度々メディアで意見を語っている。

  • 日大対応に激怒
    日大対応に激怒

「誤解」繰り返す大学の主張を「素人じゃないんだから」と一蹴

   22日、都内で謝罪会見を開いた日大の宮川泰介選手は、タックル実行に至った経緯などを詳細に説明。内田正人・前監督らによってプレー出来ないように追い込まれていたことや、日本代表を辞退するよう求められるなど、理不尽な扱いを受けていたことなども明かした。

   日大側はその会見を受け、「クォーターバック(QB)をつぶせ」という言葉は「最初のプレーから思い切って当たれ」の意味であるとし「誤解を招いたとすれば、言葉足らずであった」と、「反論」ともとれるコメントを発表している。

   この騒動について特集が組まれた23日の「グッディ」では、竹山さんは

「ああやって1人で会見した20歳の子をね、何も守れない、何もしないという日大の上層部は、はっきり言ってクソですよ!全員辞めるべきですよ!」

と、激怒しながら日大の対応を強く批判した。

   竹山さんは、言葉の受け取り方の違いという主張を繰り返す日大側についても、

「そんなわけないんですよ。素人がやってるんじゃないんだから」

と指摘した。

「何のための大学なんだ」

   竹山さんは、指示を受けていたとはいえ、宮川選手のプレーは「ダメなことなんで、反省しなきゃいけない」と責任について触れながらも、

「けど、きちっと会見が出来たというのは、アメフト選手だからこそ。スポーツマンシップをちゃんと守ったんだなと、すごく尊敬するべきだと思います。一番悲しいのは、これだけの選手にアメフトは楽しくないと言わせたことや、もうやめると言わせたことですよ」

と会見の感想を話し、

「大学がこの子の人生を潰してしまったということが、何のための大学なんだ」

と、教育機関である日大の存在に疑問を呈した。

   また、こうした問題が日大だけに限らない可能性についても語り、

「全国の体育会系、もしかしたら中学、高校もそうかもしれない。指導の仕方が時代とだいぶズレている問題が起こっているので、そういうことを考えていかなきゃいけない時期に入ったのかな」

と、学生の部活などにおける指導の在り方全般についても問題提起した。

   竹山さんは全体でアメフトファンとしての立場を強調し、この騒動が日本でアメフトを牽引してきた日大によるものであることについて、

「ものすごくイライラしている」
「アメフトに対する冒涜」

と厳しい言葉を投げかけつつも、最後には

「アメフトってね、面白いんですよ。ルール複雑だと思うかもしれないけど、見てても面白いし、やっててもきっと面白いんですよ。それが社会的に誤解を招いたようになっちゃってるから、それを、違うんです皆さんと、アメリカンフットボールほど面白いゲームはない。印象に捉われず、もう一回ちゃんと見てみてください」

と語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中