2019年 12月 13日 (金)

関西人は「かんぴょう巻」を食べない!? 記者もビックリ、実は「関東の寿司文化」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   関西人は「かんぴょう巻」を知らない――。こんな情報をインターネット上で目にした記者(神奈川出身)は、驚きのあまり手にしたスマホを落としそうになった。

「ええっ、かんぴょう巻が何か分からない人なんて、本当に存在するの!?」

   すぐさま同僚の男性記者(20代、奈良出身)に聞くと、「名前は聞いたことありますけど...、食べた記憶はありません」。実際、ツイッターを調べてみると、そこには「かんぴょう巻って何?」といった書き込みが続々と。

   いったい、これはどういうことなのか。J-CASTニュース編集部が、寿司の歴史や文化に詳しい東京すしアカデミー(大阪校)の講師に聞くと...。

  • かんぴょう巻、食べたことある?
    かんぴょう巻、食べたことある?

「食べたことないかも」

   念のため説明しておくと、「かんぴょう巻」は、甘辛く煮たカンピョウを海苔と酢飯で巻いた細巻き寿司。その見た目から「鉄砲巻」とも呼ばれる。様々な具材が入った「太巻き」とは違い、使う具材は煮たカンピョウだけだ。

   関東ではメジャーな巻物で、寿司屋でも「締め」として必ず食べるという愛好家もいる程なのだが――、関西では馴染みが薄いらしい。ツイッターやネット掲示板には、

「かんぴょう巻きって、関西は馴染みがないわぁ 食べたことないかも」
「東京に初めて住んだときかんぴょう巻きなるものを初めて見て、なんて哀しい物体なんだ...と衝撃を受けた記憶がある」
「太巻きは知ってるがかんぴょう巻は知らん」

との書き込みが定期的に出ている。

   また、上述した奈良出身の同僚記者も、「かんぴょう巻」の魅力を熱弁する神奈川出身の筆者に向けて、

「そもそも、『かんぴょう巻』って何なんですか。食べた記憶がないので味は分からないですし、まずどんな色や形をしているかすら知りませんよ。カンピョウの入った太巻きなら食べたことがありますけど」

と、どこか突き放したような調子で話していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中