2019年 1月 17日 (木)

さっしーはアラサー 指摘のHKT宮脇に指原は...

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   10回目を迎えたAKB48グループの選抜総選挙は2018年6月16日にナゴヤドーム(名古屋市東区)で開票イベントが行われ、SKE48の松井珠理奈さん(21)が19万4453票を得て初の女王の座を手にした。2位には15万4011票でSKE48の須田亜香里さん(26)がランクイン。名古屋勢が予想外のワンツーフィニッシュを果たした。

   17年に3連覇を果たしたHKT48の指原莉乃さん(25)は18年は出馬せず、フジテレビの中継で副音声の解説を担当した。その指原さんが最も驚きを見せたのが、3位にHKT48の宮脇咲良さん(20)が選ばれた瞬間だ。指原さんからすれば、仮に宮脇さんが1位を逃したとしても「2位だと思っていた」。宮脇さんは今回の出馬を最後にしたい考えで、「博多で獲った旗は博多が引き継ぐ」と掲げていただけに、指原さんは「悔しい」「苦しい」「ただ、何も言わずに抱きしめたい」などと悲嘆に暮れ、「出てくれよ来年も!まだいけるって!」とリベンジを願った。

  • HKT48の宮脇咲良さん(左)と指原莉乃さん(右)
    HKT48の宮脇咲良さん(左)と指原莉乃さん(右)

「当日帰るのやめようかな、残って泊まろうかな。咲良がかわいそうだし」

   宮脇さんは4位だった荻野由佳さん(19)とともに1位争いに絡むとみられており、多くのファンにとってトップ3に須田さんが残ったことは驚きをもって受け止められた。そんな中での3位発表で、宮脇さんの得票は14万1106票。17年の8万2803票から大きく伸びたものの、結果として須田さんに1万票以上の差がついた。

   「HKT...」まで読み上げられると宮脇さんは表情を曇らせ、指原さんは

「悔しい、咲良、さくらー!泣かないで、咲良!」
「私も当日(東京に)帰るのやめようかな、残って泊まろうかな。咲良がかわいそうだし」

と声をあげ、宮脇さんがスピーチを始めようとした段階では「ちょっと見てられないな、これ」とこぼした。

   宮脇さんが

「応援してくださったみなさん、本当にありがとうございます。さっしー、ごめんなさい。私はずっとさっしーの背中を見てきて、さっしーの1位の背中を見て、ああなりたいって思って、さっしーが出ない総選挙で、私がずっとさっしーが守ってきてくれた1位を守りたいと思ったんですけど...ごめんなさい」

と声を絞り出すと、指原さんは

「みんな頑張っているので誰が1位でもいいと思ってるんですけど、やっぱり特別な感情があるし」
「いやー、もう苦しい。本当に頑張っているの知っているから」

と宮脇さんを思いやった。

   宮脇さんは今回の出馬を最後にしたい考え。スピーチでも

「悔しい思いもありますが、一度も順位を落とさずにここまで来れたのは、本当にファンの皆さんが作ってくださった私の誇りなので、この自分の誇りを胸に私の総選挙を終わらせようと思います。本当にありがとうございました」

と総選挙への別れを告げると、指原さんはたまらず

「あー、これで最後の総選挙。出てくれよ来年も!まだいけるって!」
「ただ、何も言わずに抱きしめたいです」

と思いを吐露。「はー」と大きなため息をついた。

「博多の旗」奪還は「なこみく」に託す

   一方で、宮脇さんは

「ごめんなさい、でも、まだまださっしーと一緒に頑張りたいので、さっしーはアラサーだけど、でも、私もアラサーになるまでがんばる...ので、こらからも一緒に走っていってください。よろしくお願いします」

などとユーモアを交えながら卒業を否定。これには指原さんも、

「うはは、おい!最高のコメント。『オチ』まで。天才!天才!世界で一番天才!顔もかわいい。足も細い」

と、大ウケだった。

   上位16人の「選抜メンバー」には、HKTからは宮脇さん以外に「なこみく」こと矢吹奈子(16)さんと田中美久さん(16)が初めてランクインした。指原さんとは別の解説者が

「来年は咲良さんオタクが頑張らないと」

と水を向けると、指原さんは「まだいける!」から一転、

「咲良は来年は出ない。だから奈子と美久にこの気持ちを継いで...」

と、総選挙の「旗」奪還を「なこみく」に託したい考えだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中