2019年 12月 6日 (金)

「7時10分前」は何時のこと? 「6時50分」VS「7時9分」で大激論

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「7時10分前」という言葉は、いったい何時何分を指すのか――。こんなテーマをめぐって、いまインターネット上で激しい議論が交わされている。

   言葉は同じであっても、これを「7時の10分前」(=6時50分)と捉えるか、それとも「7時10分の前」(=7時9分頃)と捉えるかで、その意味合いが変わってくるためだ。さて、あなたはどっち派?

  • 何時のこと?
    何時のこと?

「7時10分前って何時だと思いますか?」

   議論の発端は、なんと8年以上前までさかのぼる。口コミサイト「発言小町」に2010年5月、今回の「7時10分前」問題をめぐる書き込みが寄せられていたのだ。

   投稿者は子持ちの主婦。ある日の朝、洗面所にいた夫から「今、何時ー!?」と尋ねられた。これに「7時10分前だよ」と返すと、夫は時間がないと大慌て。だがその後、急いでリビングに戻ってきた夫は、時計を見るやいなや、

「なんだよ!!まだ7時じゃないか!!」

と言い放ったというのだ。

   つまり、投稿者は6時50分という意味で「7時10分前」と発言したが、これを夫は「7時9分頃」だと捉えていたわけだ。その後、夫婦は「自分の認識が正しい」とお互い譲らず、ちょっとした喧嘩に発展。そこで投稿者は、ネットユーザーに向けて、

「7時10分前って何時だと思いますか?」

との疑問を投げかけた。

   こうした書き込みが、なぜか18年6月25日頃から「5ちゃんねる」上で注目を集めることに。投稿者と夫、どちらの認識に共感できるかをめぐって、いま8年越しの大激論が交わされているのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中