2018年 11月 14日 (水)

ベルギーFW「自爆珍プレー」にネット爆笑 仲間のゴールにはしゃいでいたら...

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2018年6月28日(現地時間、以下同)、サッカー日本代表のワールドカップ・決勝トーナメント進出が決まった。次戦の相手はベルギーだ。このベルギーに、早くも日本から熱い視線を送られている選手がいる。フォワードのミシー・バチュアイ選手だ。

   同日にベルギーがイングランドに1-0で勝利した試合で、バチュアイ選手が見せた「自爆ゴール」がネット上で話題になっている。

  • 爆笑を呼んでいるバチュアイ選手の「自爆ゴール」シーン(画像は本人のインスタグラムより)
    爆笑を呼んでいるバチュアイ選手の「自爆ゴール」シーン(画像は本人のインスタグラムより)

「新しいものを生みだしちゃったよ」

   28日、ベルギーはイングランドを下し、グループトップ通過を決めた。後半6分、アドナン・ヤヌザイ選手のゴールで先制。この1点を守り抜いた。7月2日に日本と対戦する。

   日本ではヤヌザイ選手のゴール後のシーンに注目が集まった。同僚のバチュアイ選手はゴールから転がり出たボールを蹴った。するとボールがゴールポストにあたって跳ね返り、自身の頭に直撃。そのままヘディングシュートのようにボールはゴールに吸い込まれていった。本人は苦笑いで、ぶつけた頭を抱えている。

   バチュアイ選手は試合後インスタグラムを更新し、自虐的なコメントとともにこのシーンの動画をアップした。文末には笑い泣きの絵文字を3つ使っている。

「このゴールセレブレーションはやりすぎたな。新しいものを生みだしちゃったよ」(「Fortnite celebrations so overrated bro I had to create something new」)

   動画の再生回数は150万回を突破。日本でもこのシーンの動画がネットで出回り、爆笑を呼んでいる。

「バチュアイ可愛すぎるwwwwww」
「他選手のゴール嬉しすぎてこれは面白すぎる」
「今大会1番のスーパープレーwwwww」
「こんな自爆笑うわ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中