2022年 5月 19日 (木)

教授のセクハラ問題ネタに...早稲田学生、便乗合コン企画も「不謹慎」と物議

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   早稲田大学の男子学生が、同大文学学術院の渡部直己教授(66)のセクハラ疑惑を茶化したような「合コン企画」を告知したことに、インターネット上で「不謹慎だ」との指摘が相次いで寄せられる騒ぎがあった。

   告知された企画のタイトルは、「俺の女になれ!真夏の夜の大合コン」。主催者の学生は、ネット上での批判を受けて企画の中止を決定。あわせて、「本当に申し訳ありませんでした」とした謝罪文も発表している。

  • 早大学生、悪ふざけ企画で謝罪(写真はイメージ)
    早大学生、悪ふざけ企画で謝罪(写真はイメージ)
  • 早大学生、悪ふざけ企画で謝罪(写真はイメージ)

「女子数人確保済み」

   渡部氏のセクハラ疑惑は、2018年6月19日にウェブメディア「プレジデント オンライン」が初報した。記事によれば、被害に遭ったのは教え子だった元早大院生の女性。精神的な苦痛から大学に通うことができなくなり、中退したという。

   この女性は16年4月、渡部氏から指導だとして呼び出され、東京・高田馬場の飲食店「カフェ コットンクラブ」に2人切りの食事に連れられた。その場で渡部氏は、

「俺の女になれ」

などと女性に迫った。そのほかにも、肩や腕に繰り返し触られるなどしていたという。

   女性は中退後の18年6月に早大へ被害を申し立て。大学側が各報道を受けて26日に発表した文書では、すでに調査委員会を設置したと説明。事実確認のうえ、厳正に処分する予定だという。なお、渡部氏からは辞表を送った旨の連絡を受けたとも伝えている。

   こうしたセクハラ騒動を、大学公認の学生サークルで幹事長を務める早大生が「ネタ」にした。27日深夜に更新したツイッターで、

「俺の女になれ!真夏の夜の大合コン in カフェコットンクラブ」

と題した企画を30日に実施すると告知したのだ。

   この会場は、渡部氏がセクハラ発言をしたとされる飲食店とまさに同じ場所。企画タイトルも踏まえると、今回の騒動を茶化していることは明白だ。なお主催者の学生は、告知ツイートの中で、

「イイ感じの男女は夜の馬場へ」
「女子数人確保済み。男女ともに参加者募集中」

などの情報も伝えていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中