2018年 11月 14日 (水)

歌丸VS円楽「毒舌合戦」もう見られない 「一番辛いのは...」

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   落語家の桂歌丸さんが81歳で亡くなり、日本テレビ系「笑点」のファンらから、同じ大喜利メンバーの六代目三遊亭円楽さん(68)との掛け合いを懐かしむ声が上がっている。

「山田くん、円楽さんを除いて、皆さんに(座布団を)差し上げて下さい」
  • 歌丸さんの著書「座布団一枚!」の表紙
    歌丸さんの著書「座布団一枚!」の表紙

「やるか、ジジイ!」と叫び、座布団を押収される

   歌丸さんがある日の「笑点」でこう円楽さんにダメ出しすると、円楽さんは、すかさず罵倒ネタを繰り出した。

「人間正直になれっつったからやったんじゃん。そんなのあるかい、ジジイ!」

   歌丸さんが2006年から5代目の司会に就任してからも、円楽さんとのこんな毒舌合戦が度々繰り広げられた。

   円楽さんは、歌丸さんの薄い頭髪などをいじり、「お墓」「葬儀」などもネタにするほどだった。時には、円楽さんが「やるか、ジジイ!」と叫び、歌丸さんが追いかけるそぶりを見せることもあった。円楽さんがいじるその度に、歌丸さんは、「山田くん、円楽さんの(座布団)全部持ってって」とつぶやき、客席に笑いが起きていた。

   これらのやり取りからは、犬猿の仲に見えなくもない。しかし、お互いにネタであることは意識していたようで、普段は親しかったと伝えられている。

   歌丸さんが亡くなったことで、ツイッター上などでは、この毒舌合戦がもう見られないことを悲しむ声が出ている。

「もう二度と見れないと思うと胸に来る」
「また円楽の歌丸師匠いじり見たかった...」

などと書き込まれており、歌丸さんを失った円楽さんについて、

「一番辛いのは彼かもしれませんな... もう皮肉る相手もいない」

との声も漏れていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
【プレゼント企画実施中】秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中