2018年 9月 24日 (月)

USJ園内で「大迷惑」モッシュ騒動 ロックフェス中止で若者「大暴れ」

印刷

   豪雨の影響で中止となったロックフェス「京都大作戦2018」に参加予定だった若者の一部が、大阪市の「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」に集まり、園内で「モッシュ」と呼ばれる迷惑行為をする騒ぎがあった。

   モッシュとは、ロックバンドなどのライブで、音楽に合わせて観客同士が体を激しくぶつけ合うこと。ツイッターに投稿された動画には、バンドのTシャツなどを身に着けた数十人の男女が、大声で叫びながら園内でモッシュをする様子が映っていた。

  • USJのシンボルとなっている地球儀のオブジェ
    USJのシンボルとなっている地球儀のオブジェ

「ユニバ大作戦」企画が騒動の発端に

   京都・宇治市内の公園で2018年7月7日、8日に開催予定だった「京都大作戦」は、同府出身のロックバンド「10-FEET」が主催する野外ロックフェス。「WANIMA」や「マキシマムザホルモン」など、若者に人気のバンドが多数出演する予定だった。

   だが、西日本を襲った記録的な大雨の影響で、京都府内では河川の氾濫や土砂崩れなどの被害が相次いでいた。こうした状況から、主催者側は7日昼に全日程を中止することを公式サイト上で発表した。

   開催中止の発表を受けて、フェスに参加予定だったツイッターユーザーの一部が、

「ユニバ大作戦」

という企画を告知し始めた。要するに、中止となったフェスの代わりに、バンドのファンが集合してUSJを訪れようと呼びかけたのだ。

   この企画はツイッター上で拡散され、翌8日のUSJには、本来は「京都大作戦」に参加する予定だった若者らが集結。実際、この日パークを訪れていた来園者からも、

「ユニバに京都大作戦のTシャツ着てる人いっぱいおった」
「京都大作戦から流れて来た人も多いしなんかフェス気分」

などのツイートが出ていた。

   だが同時に、上記のような経緯でUSJを訪れた音楽ファンの一部が、園内でマナー違反にあたる行為を繰り返していたとの報告も目立った。スピーカーの大音量で音楽を流したり、大声を上げて集団で騒いだりする若者がいたというのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中