2019年 7月 21日 (日)

ツイッターは「自分の気持ち」 足立梨花、W杯「炎上騒動」を語る

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   タレントの足立梨花さん(25)が2018年7月9日に行われた朝日新聞社の発表会で、ツイッターで自分が巻き込まれた「事件」に言及した。

   足立さんは「ツイッターはどちらかと言えば自分の気持ちを発信する場」などと分析。「事件」とは、サッカーワールドカップ(W杯)の対ポーランド戦をめぐる発言が炎上したことを指すとみられ、思いをストレートにぶつけたことが炎上につながったとみているようだ。

  • 足立梨花さん。ツイッターをめぐる「事件」を振り返った
    足立梨花さん。ツイッターをめぐる「事件」を振り返った
  • この日のイベントでは「バーティカルメディア」5媒体が紹介された
    この日のイベントでは「バーティカルメディア」5媒体が紹介された

「ツイッターだと文字だけでいける。インスタだと写真がないといけない」

   この日の発表会のテーマは、読者にとって興味のある特定のジャンルやテーマを深掘りする「バーティカルメディア」。このメディア(媒体)を束ねるプラットフォーム「ポトフ」の特別編集長を務める放送作家の鈴木おさむさん(46)が、

「僕のブログを見てくれている人は、30~40代の女性が多いとか、インスタだとやはり20代の女性が多いな、ツイッターだと男性が多いとか...。自分自身の発信も分けている。今日発表されるもの(媒体)もそうで、すごくカテゴライズされているという印象がある」

などとして、媒体ごとに具体的なターゲットを想定して情報発信していくことの重要性を強調。これを受ける形で、足立さんもブログとインスタグラムとツイッターを使い分けているとして、

「ツイッターだと文字だけでいける。インスタだと写真がないといけない、というところでも違いますね」

などと説明した。炎上騒動を知ってか知らずか、鈴木さんが

「そうですね。ツイッターが一番炎上しますもんね。一番気をつけてるんですよ僕も。一番炎上するんで、僕もすごい気をつけてるんです」

と水を向け、足立さんは

「でもなんか、ツイッターはどちらかと言えば自分の気持ちを発信する場なのかな、って私の中では思っているので、ああいう事件が起きちゃう」

と苦笑いした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中