2018年 7月 19日 (木)

マック「食べかけナゲット」誤配達で謝罪 従業員のミスに「あってはならないこと」

印刷

   マクドナルドの配達サービスで注文したチキンナゲットが、「食べかけ」の状態で自宅に届いた――。こんな報告がツイッターに寄せられていた問題で、運営会社の日本マクドナルドが謝罪した。

   同社の広報担当者は2018年7月9日、J-CASTニュースの取材に対し、客に食べかけの商品を配達した事実を認め、「お客様には大変ご不快な思いと多大なるご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます」。購入者にも謝罪のうえ、商品を交換する対応を取ったという。

  • 「食べかけナゲット」配達でマックが謝罪。写真はロココ・ネミコ(@kokorokmn_spl)さん提供
    「食べかけナゲット」配達でマックが謝罪。写真はロココ・ネミコ(@kokorokmn_spl)さん提供
  • 完全に食べかけの状態だ。写真はロココ・ネココ(@kokorokmn_spl)さん提供
    完全に食べかけの状態だ。写真はロココ・ネココ(@kokorokmn_spl)さん提供

「すごく気持ち悪い...どうしてこうなった」

   騒動の発端は、東京都内に住むあるツイッターユーザーの7月7日夜の投稿だ。「衝撃的なことが起こった」と切り出し、

「マックデリバリー頼んだら食べかけのスパイシーチキンナゲットが届いた」

と伝えたのだ。続けて、「すごく気持ち悪い...どうしてこうなったかはちゃんと調べてほしい」とも訴えていた。

   投稿者がアップした写真には、半分ほど欠けた食べかけのナゲットが。紙製の容器の中には、付属のマスタードソースのフタ部分もあった。本来は5個入りだったが、食べかけのものも含めてナゲットは4個しかなかったという。

   投稿者は続くツイートで、店の担当者が自宅を訪れて直接の謝罪を受けたと説明。あわせて、同時に注文していた全ての商品を新しいものと交換する対応があった、とも明かしていた。

   一連の告発ツイートは注目を集め、投稿のリプライ(返信)欄には「これは酷すぎます」「ありえない」などの反応が続出。一部、「自作自演」ではないかと疑う声もあったが、これに投稿者は事実だと反論していた。

   投稿者は9日、問題のナゲットは「マクドナルド南砂町店」(東京・江東区)で注文したものだと取材に説明。投稿した写真のうち1枚は、開封時の状態をそのまま撮影したものだという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中