2018年 7月 23日 (月)

「太平洋で散骨」値段はいくら? 国内業者に話を聞くと...

印刷

   太平洋に散骨する――オウム真理教の元代表、麻原彰晃(本名・松本智津夫)元死刑囚の遺骨について、四女の代理人が会見でこんな方針を示した。国に費用負担や警備の協力も求めている。

   今回の件は特殊ケースだが、一般的に遺族が「太平洋に散骨」をする場合、費用はどれくらいかかるのだろうか。実際に、北太平洋に位置するハワイ沿岸で散骨する事例を手掛けたことがある国内業者に話を聞いた。

  • 海洋での散骨を選択する人も
    海洋での散骨を選択する人も

「散骨にかかる費用」協力求めているが...

   四女の代理人、滝本太郎弁護士は2018年7月11日、都内で会見を開き、墓地の「聖地」化を避けるため、遺骨をパウダー化して「広い」太平洋にまく考えを示した。元死刑囚を信奉する信者らによる遺骨を狙った動きも懸念されており、危険が及ばないよう国に支援を要請、散骨にかかる費用についても協力を求めた。

   特殊ケースである今回の話は別にして、「太平洋での散骨にかかる費用」は、一般的にはいくら程度なのか。「太平洋のド真ん中」ではないが、北太平洋のハワイ諸島沖での散骨実績がある、国内の複数の業者に話をきくと、遺族同行の場合で30万円から100万円程度だった。参加人数や実施時期などの条件により幅がある。

   関東地区のある業者によると、ハワイ沿岸なら30万円程度から。国内で行う遺骨のパウダー化作業や必要書類の手配費用なども含んでいる。船はハワイの港から出航する。中型クルーザーに職員のほか、遺族5人程度以下が乗り込むケースを想定している。遺族の「日本-ハワイ間の移動」「ハワイでの宿泊・滞在」の費用は含まれていない。現地ホテルと港の間の移動は業者側が送り迎えする。

   遺族は同行せず、職員に委託するプランは10万円以上安くなり、散骨実施場面を写真撮影して渡す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中