2018年 11月 21日 (水)

「太平洋で散骨」値段はいくら? 国内業者に話を聞くと...

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   太平洋に散骨する――オウム真理教の元代表、麻原彰晃(本名・松本智津夫)元死刑囚の遺骨について、四女の代理人が会見でこんな方針を示した。国に費用負担や警備の協力も求めている。

   今回の件は特殊ケースだが、一般的に遺族が「太平洋に散骨」をする場合、費用はどれくらいかかるのだろうか。実際に、北太平洋に位置するハワイ沿岸で散骨する事例を手掛けたことがある国内業者に話を聞いた。

  • 海洋での散骨を選択する人も
    海洋での散骨を選択する人も

「散骨にかかる費用」協力求めているが...

   四女の代理人、滝本太郎弁護士は2018年7月11日、都内で会見を開き、墓地の「聖地」化を避けるため、遺骨をパウダー化して「広い」太平洋にまく考えを示した。元死刑囚を信奉する信者らによる遺骨を狙った動きも懸念されており、危険が及ばないよう国に支援を要請、散骨にかかる費用についても協力を求めた。

   特殊ケースである今回の話は別にして、「太平洋での散骨にかかる費用」は、一般的にはいくら程度なのか。「太平洋のド真ん中」ではないが、北太平洋のハワイ諸島沖での散骨実績がある、国内の複数の業者に話をきくと、遺族同行の場合で30万円から100万円程度だった。参加人数や実施時期などの条件により幅がある。

   関東地区のある業者によると、ハワイ沿岸なら30万円程度から。国内で行う遺骨のパウダー化作業や必要書類の手配費用なども含んでいる。船はハワイの港から出航する。中型クルーザーに職員のほか、遺族5人程度以下が乗り込むケースを想定している。遺族の「日本-ハワイ間の移動」「ハワイでの宿泊・滞在」の費用は含まれていない。現地ホテルと港の間の移動は業者側が送り迎えする。

   遺族は同行せず、職員に委託するプランは10万円以上安くなり、散骨実施場面を写真撮影して渡す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦会議」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中