2018年 8月 20日 (月)

ミライトワじゃ「ロシア女性」っぽい? 東京五輪キャラ、命名に違和感も

印刷

   情報番組のキャスターも、東京五輪・パラリンピックのマスコットキャラクターの名前「ミライトワ」「ソメイティ」には、様々な感想を持ったようだ。「深みがある」「(五輪が)明日始まりそう」といった期待感を持つ人がいる一方で、「~トワ」という名前にロシアの女性のような響きがあるとして違和感をにじませる人も。

   名称決定を報じる記事には「覚えにくい」とコメントを書き込む人もおり、現時点では親しみやすさに課題を感じる人もいるようだ。

  • 「ミライトワ」(左)と「ソメイティ」(右)。お披露目イベントで名前が発表された
    「ミライトワ」(左)と「ソメイティ」(右)。お披露目イベントで名前が発表された

橋本五郎氏「非常に考え抜かれた深みのある名前」

   名前は2018年7月22日のお披露目イベントで発表された。五輪マスコットの「ミライトワ」は「未来」と「永遠(とわ)」をかけ、「素晴らしい未来を永遠に」という願いを込めた。パラリンピックマスコットの「ソメイティ」はソメイヨシノと、「非常に力強い」を意味する「so mighty」をかけた。

   両マスコットは、翌7月23日の「スッキリ!」(日本テレビ)に出演。超能力が得意だというソメイティは、司会の加藤浩次さん(49)や近藤春菜さん(35)を気功のような仕草で吹き飛ばし、スタジオを沸かせた。コメンテーターとして出演していた元プロテニスプレーヤーの杉山愛さん(43)は、マスコット審査委員会のメンバーとして名前の審査にも参加。

「『これからの日本を!』っていう『希望の名前』な感じがすごくいい」

と絶賛した。読売新聞特別編集委員の橋本五郎さん(71)は、意外な私案を明かしながら、ネーミングを歓迎した。

「躍動感のあるね、例えばね『ジャンポン』とかね、動的な名前になると思っていたんですけれども、ところがそうじゃなくて、非常に考え抜かれた深みのある名前になってますね~」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中