2018年 11月 16日 (金)

はたらく細胞「熱中症」回を無料公開 酷暑問題受け...編集部「啓発につながれば」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   細胞を擬人化した漫画「はたらく細胞」(作・清水茜)の公式ツイッターが2018年7月25日、「熱中症」をテーマにした第6話を特別に全ページ無料で公開したことを告知した。

   掲載誌の「月刊少年シリウス」(講談社)編集部によれば、熱中症が社会問題となっていることを受け、正しい知識を啓発するために特別公開を決めたという。インターネット上では、「粋な計らいありがとうございます」といった感謝の声が広がっている。

  • 無料公開された「熱中症回」のひとコマ (C)清水茜/講談社
    無料公開された「熱中症回」のひとコマ (C)清水茜/講談社

「熱中症に皆さんお気をつけください!」

   「はたらく細胞」は、人間の細胞を擬人化した斬新な設定で話題の作品だ。白血球と赤血球の2人を中心に、体内で細胞たちがどのような仕事をしているのかをストーリー仕立てで描いている。テレビアニメの放送も7月7日に始まったばかりだ。

   今回話題になったツイートでは「まだまだ暑い日が続きますね!」と切り出し、

「『第6話 熱中症』を特別無料公開します。熱中症に皆さんお気をつけください!」

と告知。あわせて、漫画の閲覧ページへのリンクも掲載している。

   無料公開された第6話では、熱中症が起こるメカニズムや、発症後の体内がどうなるのかをストーリー仕立てで紹介。作中では、熱中症を予防するための方法や、その危険性についても分かりやすく伝えている。

   全国各地で歴史的な暑さが続き、熱中症のリスクが高まっている状況だけに、今回の無料公開を受けてツイッターには、

「この時期には本当にありがたい!!」
「粋な計らいありがとうございます!!!」
「分かりやすかったです!ありがとうございます」

と感謝の声が相次ぐことに。そのほか、公開された漫画を読んだとみられるユーザーからは、「身体の中、こんなに頑張ってんだなぁ。SOS出てたら自分の細胞は自分で守ろう」との感想も出ていた。

原作者も無料公開を「快諾」

   今回、「熱中症」をテーマにした回を公開した理由について、月刊少年シリウス編集部の担当者は25日夕のJ-CASTニュースの取材に対し、

「これだけ熱中症が問題になっている中で、『はたらく細胞』にちょうど適したエピソードがありましたので、特別に無料公開することを決めました。多少なりとも、啓発活動につながれば嬉しく思います」

とコメント。担当者は公開にあたって、作者の清水茜さんとアニメの制作委員会に事前に確認を取ったが、どちらも「快諾」してくれたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中