2019年 7月 21日 (日)

打ち水では間に合わぬ アスファルトでは「かえって暑くなる」と小池都知事に疑問

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   2020年夏の東京五輪は、猛暑の中での開催が予想されることから、東京都の小池百合子知事は、「打ち水作戦」を行う考えを明らかにした。

   マラソンなどの競技でも行うのかは不明だが、アスファルトの上では、かえって暑くなるのではとも指摘されている。

  • 打ち水、アスファルトでは意味ない?
    打ち水、アスファルトでは意味ない?

中尾彬「あれは、昔からある路地でやるもんなんだ」

「私は、あの小池さんが言っていた打ち水っていうの、反対だね」。

   テレビ朝日系で2018年7月24日放送の情報番組「グッド!モーニング」では、コメンテーターの中尾彬さん(75)がこう作戦に異議を唱えた。

   小池知事は前日の23日、観測史上初めて都内で40度を越した暑さの中、打ち水のイベントに参加し、「江戸の知恵で、おもてなしでもある」と五輪での活用を説いていた。

   しかし、中尾さんは、打ち水について、

「あれアスファルトにやったら余計暑くなるぜ。あれは、昔からある路地でやるもんなんだ。何か勘違いしてるんだよ」

と突っ込みを入れていた。

   実際、過去には、アスファルトに打ち水をする効果に疑問符が付くケースも出ている。岐阜県多治見市で、当時の国内最高気温の40.9度を記録した2007年から、散水車による打ち水が市内の大通りなどで行われた。ところが、読売新聞の10年8月4日付記事によると、「湯気が立ちこめ、さらに暑くなる」と市民から苦情が出るなどして、この年で打ち水が中止になっていた。

   ツイッター上では、こうした過去の教訓も引き合いに出され、小池知事らが進める打ち水作戦に疑問の声も出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中