2019年 12月 12日 (木)

大阪桐蔭が23得点の大勝で甲子園へ 春夏連覇めざす

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   第100回全国高校野球選手権記念大会の北大阪大会決勝戦は2018年7月30日、大阪シティ信用金庫スタジアム(大阪市此花区)で行われ、大阪桐蔭が大阪学院大を下し、2年連続10回目の甲子園出場を決めた。史上初の2度目の春夏連覇に挑む。

   大阪桐蔭は序盤から猛攻を続け、5回までに10点を獲得。対する大阪学院大は6回に2点を返すも、大阪桐蔭がその裏に11連打、打者二巡で13点を追加するビッグイニングを作った。そのまま23対2で試合は終了した。

   決勝戦での23得点は大阪大会史上最多記録。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中