2019年 5月 24日 (金)

明石家さんま「バイキングは食べ残していい」 志らく「人間としてクズ」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   お笑いタレント・明石家さんまさん(63)が、バイキング形式の飲食店では「食べ残していいじゃない」と主張し、インターネット上で「駄目でしょ」「問題ない」とマナーをめぐる論争が起きた。

   さんまさんは2018年8月1日放送のバラエティ番組「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)に出演し、ゲストの落語家・立川志らくさん(54)があげた「バイキングでお皿に盛る時、一口サイズで盛る派か、一気にガッツリ盛る派か」をテーマに議論。出演者の間でも意見がくっきり分かれた。

  • 明石家さんまさん
    明石家さんまさん

「『お金を払ってるから何でもやっていい』という発想は...」

   いくつもの料理が並び、好きな物を好きなだけ取って食べられるバイキングやビュッフェ。志らくさんは、「全てが美味しいわけでもないし、自分の好みというわけでもない。最初に麻婆豆腐とか酢豚とかをワーッと持ってきて、一口食べたらこれは『おいしくないや...』となっちゃうこともある」と、自身が「一口サイズで盛る」理由を説明した。

   すると「一気にガッツリ盛る」さんまさんが、すぐに疑問を投げかけた。

「でも、残してもいいじゃないですか、バイキングって」

   志らくさんは「さんまさん、大先輩に申し訳ないですけれども」と畏まり、「『残してもいいじゃないでしょうか』というセリフは、人間としてクズでございます」と一言。スタジオで笑いが起き、議論に火が付いた。

   志らくさんは「少しずつ取って、『これは美味しい』と思ったら次はたくさん取る」と続けたが、さんまさんは「なるほどなるほど、わからんでもないけど、間違ってる」と言い返し、「『お米食べないとお百姓さんがかわいそうだよ』とか言うけど、もう買ってるからね? お百姓さんは何にもかわいそうじゃない」と食べ残していいことの正当性を主張。志らくさんは「『買ってるから、お金を払ってるから何でもやっていい』という発想は...やっぱりクズです」とツッコミを入れた。

   だがさんまさんは、

「あのね、美味しいのがええねん。残したってええねん。自分の体の調子やから」

と考えを曲げず。志らくさんは「だけど残さないように取ればいいじゃないですか」、さらに共演者の大久保佳代子さん(47)も「そうそう、限界がわかってるなら」と同調したが、さんまさんは立ち上がって、

「あ? 君らもう、食べる前から限界わかるの?」

と反論した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中