2018年 9月 22日 (土)

あの「アルフ」に新作報道 早くも「所ジョージ吹き替え」願う声が

印刷

   80年代の米人気ファミリードラマ「アルフ」のリブート版が米ワーナー・ブラザース・テレビジョンによって進められている。米ハリウッド・リポーターなどが報じている。

   日本でも放送され、アルフの吹き替えを所ジョージさんが演じるなど人気がある作品で、ツイッター利用者からも反応があがっている。

  • 「アルフ ファースト・シーズン コレクターズ・ボックス」のジャケット
    「アルフ ファースト・シーズン コレクターズ・ボックス」のジャケット

吹き替えは所ジョージさん一択?

   「アルフ」は、カリフォルニア州郊外に住むタナー家に居候する、毛むくじゃらの宇宙人アルフが繰り広げる騒動を描いたコメディ作品。96年にはスペシャル版「アルフ ファイナル・スペシャル」が制作された。

   日本では1989年から95年までNHKで放送。ファイナル・スペシャルは2010年になってから放送された。

   日本語吹き替えはアルフをタレントの所ジョージさん、タナー家の主であるウィリー・タナーをコメディアンで俳優の小松政夫さんが担当した。

   報道によると、アルフが新たな家族の家に転がり込む話とのこと。また、オリジナルで制作総指揮を務めたトム・パチェットさんとポール・フスコさんも参加予定だという。

   プロジェクトは18年5月から始まっているというが、まだ初期段階。

   このことは日本でも映画専門情報サイト「シネマトゥデイ」などが伝えているため、ツイッター利用者から「アルフ おかえりなさーい」など好意的な反応が寄せられた。

   放送予定などの具体的な情報はないが、早くも吹き替えに対して、

「ぜひ吹き替えは所さんで!」
「もちろん所ジョージだろうね?!」
「吹き替えは絶対所さんで!!」

など、以前と同じく所さんを希望する声があがった。

所さん起用の可能性は...?

   所さんは、日本のレギュラー放送が終わった95年以降アルフと疎遠であったわけではない。09年には、小松さんと共に公開アフレコを行ったほか、10年に日本で初放送されたファイナル・スペシャルにおいても、吹き替えを務めている。そのため、リブート版が日本で放送される場合、所さんが起用される可能性はあり得る。

   また、新ストーリーとなることに対し、「リブートとか言わず、素直にあのままの続編を作ってくれ」といったタナー家を舞台にした物語を希望する声も見られた。

   米TVLineによると、現在、脚本家を探しているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中