2022年 5月 21日 (土)

「長年のファンの皆様の心情を考慮」 「星の王子さま」バオバブ苗木、「炎上」で販売打ち切りへ

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   東京・銀座で2018年8月9日にオープンした銀座ソニーパーク(Ginza Sony Park)の店舗「アヲ GINZA TOKYO」で、小説「星の王子さま」とコラボレーションした「バオバブの苗木」の販売が打ち切られることになった。ソニーパークを運営するソニー企業が8月11日、公式サイトで発表した。

   このコラボをめぐっては、ツイッターなどインターネット上で「星の王子さま」の原作ファンから批判の声が続出。「長年のファンの皆様の心情を考慮」したと、ソニー側は説明した。

  • 苗木が箱の中に入っている(写真は、ていない@ゆるミニマリスト主婦雑記ブロガーさん提供)
    苗木が箱の中に入っている(写真は、ていない@ゆるミニマリスト主婦雑記ブロガーさん提供)
  • 裏面の説明欄(写真は、ていない@ゆるミニマリスト主婦雑記ブロガーさん提供)
    裏面の説明欄(写真は、ていない@ゆるミニマリスト主婦雑記ブロガーさん提供)
  • 苗木が箱の中に入っている(写真は、ていない@ゆるミニマリスト主婦雑記ブロガーさん提供)
    苗木が箱の中に入っている(写真は、ていない@ゆるミニマリスト主婦雑記ブロガーさん提供)
  • 苗木が箱の中に入っている(写真は、ていない@ゆるミニマリスト主婦雑記ブロガーさん提供)
  • 裏面の説明欄(写真は、ていない@ゆるミニマリスト主婦雑記ブロガーさん提供)
  • 苗木が箱の中に入っている(写真は、ていない@ゆるミニマリスト主婦雑記ブロガーさん提供)

「星を壊す」ファシズムの象徴との声が

   ウェブサイトの発表では、「オンライン及びお電話にて様々なご意見」があったとして、

「『星の王子さま』の長年のファンの皆様の心情を考慮させて頂き、『アヲ GINZA TOKYO』と協議を行いました結果、当該商品の販売を終了して頂くことになりました」

と販売打ち切りの経緯を説明した。

   「星の王子さま」バオバブの苗木は、「アヲ GINZA TOKYO」を運営する日本緑化企画(東京都府中市)の商品企画の第1弾。プラントハンターの肩書で活動する、同店のプロデューサー・西畠清順氏が代表を務めるそら植物園(兵庫県川西市)とのタイアップで生まれた。

   日本緑化企画の発表資料では、「星の王子さま」に登場するバオバブを「自宅や会社など好きな場所で育て、ひとつひとつ個性のある樹形を楽しむことができる」と説明していた。

   だがその後、「星の王子さま」の一部ファンからは、バオバブは原作で「星を壊す」ファシズムの象徴として描かれているとして、両者のコラボを批判する声が、ツイッターなどインターネット上に続出した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中