2018年 11月 15日 (木)

やはりキムタクに「SMAPはNGワード」か 解散1年半後も「整理整頓する必要ない」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「SMAP」解散から約1年半超――。俳優の木村拓哉さん(45)が2018年8月16日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)で「再出発」後の心境を明かした。

   番組では、司会の宮根誠司さんと木村さんがインタビュー対談。「1人になって再出発されましたけど、どんな感じですか?」と質問を受けると、木村さんは言葉を選びながらもポツリポツリと語り始めた。

  • 木村拓哉さん
    木村拓哉さん

「第1章、第2章ありましたけど...」

「まあどんな感じというよりも...自分を必要としてくれる現場、物語があること自体がありがたいので、そこに対して、自分が求められたら、すぐに行って、良い状態でその現場に赴けることが今の自分の最大の責任だと思っている」

   木村さんはそう話し、宮根さんの目を真っ直ぐ見つめた。さらに、

「色々、ねえ、こうなってああなって、っていうストーリーはそれぞれ第1章、第2章ありましたけど、最終的に今、自分としては結果であり、現状であり、前進あるのみなので、何かそこまで整理整頓する必要もないですし」

と続ける。「あとはその、こういう、何だろうな、本音を言える場で。宮根さんとだったら、色んなことをお話しできるだろうなって」。

   SMAPが解散したのは、2016年末。木村さんはこれまでにも幾度か「SMAP」解散にさりげなく言及。17年4月の「報道ステーション」(テレビ朝日系)では「なくなったっていうより形状がなくなっただけで、やってきたことは事実ですし、自分の中でなくなるというものではない」と話していた。

   とはいえ、こうしてテレビ番組で語るのは久しぶりのことだ。ツイッターなどインターネット上では、SMAPのファンとみられるユーザーを中心に、

「『再出発』とかって言葉出てきたけど、何からの『再出発』なのかは言わないの?」
「木村くん、SMAPにいたときの彼と感じが変わってきたね」
「なんだろう。宮根さんがSMAPとも言えない聞かないこの感じって」
「SMAPはNGワード。キムタクはやっぱりキムタク」

などの声が上がった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中