2018年 9月 19日 (水)

やはりキムタクに「SMAPはNGワード」か 解散1年半後も「整理整頓する必要ない」

印刷

   「SMAP」解散から約1年半超――。俳優の木村拓哉さん(45)が2018年8月16日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)で「再出発」後の心境を明かした。

   番組では、司会の宮根誠司さんと木村さんがインタビュー対談。「1人になって再出発されましたけど、どんな感じですか?」と質問を受けると、木村さんは言葉を選びながらもポツリポツリと語り始めた。

  • 木村拓哉さん
    木村拓哉さん

「第1章、第2章ありましたけど...」

「まあどんな感じというよりも...自分を必要としてくれる現場、物語があること自体がありがたいので、そこに対して、自分が求められたら、すぐに行って、良い状態でその現場に赴けることが今の自分の最大の責任だと思っている」

   木村さんはそう話し、宮根さんの目を真っ直ぐ見つめた。さらに、

「色々、ねえ、こうなってああなって、っていうストーリーはそれぞれ第1章、第2章ありましたけど、最終的に今、自分としては結果であり、現状であり、前進あるのみなので、何かそこまで整理整頓する必要もないですし」

と続ける。「あとはその、こういう、何だろうな、本音を言える場で。宮根さんとだったら、色んなことをお話しできるだろうなって」。

   SMAPが解散したのは、2016年末。木村さんはこれまでにも幾度か「SMAP」解散にさりげなく言及。17年4月の「報道ステーション」(テレビ朝日系)では「なくなったっていうより形状がなくなっただけで、やってきたことは事実ですし、自分の中でなくなるというものではない」と話していた。

   とはいえ、こうしてテレビ番組で語るのは久しぶりのことだ。ツイッターなどインターネット上では、SMAPのファンとみられるユーザーを中心に、

「『再出発』とかって言葉出てきたけど、何からの『再出発』なのかは言わないの?」
「木村くん、SMAPにいたときの彼と感じが変わってきたね」
「なんだろう。宮根さんがSMAPとも言えない聞かないこの感じって」
「SMAPはNGワード。キムタクはやっぱりキムタク」

などの声が上がった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中