2022年 6月 28日 (火)

ティファニーの指輪を左手薬指にはめて、轢死した彼女は「行旅死亡人」になった

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

段ボール箱に収められた遺留品

   2018年7月下旬。あまりの暑さにしまい込んでいたスーツを引っ張り出し、都内のある役所を訪れた。この日は珍しく30度程度だったが、さすがにワイシャツには汗がにじむ。

   「行旅死亡人」の遺骨は1~5年程度を目途に保管され(自治体によって異なる)、その後、いわゆる「無縁仏」として合葬される。一方、遺留品は多くの場合、自治体に長く保管され続ける。

   久々のスーツを着込んだのは、その遺留品のためだ。自治体の名前を出さないことを条件に、「行旅死亡人」の遺留品の現物を見せてもらえることになったのである。

   およそ10年分だという遺留品は、倉庫の段ボール箱4つに収められていた。透明のジッパー袋で人物別に小分けにされ、それが年ごとの大きなビニール袋に詰められている。衣類などかさばるものや些末な品は処分されており、多くは貴重品類のみだ。

   キャッシュカードやクレジットカード。PASMO。預金通帳。写真付きの身分証。ちょっと古い型のスマートフォン。キーホルダー付きのカギ。おしゃれな腕時計。革の財布。自筆のメモ類――。

   断片にはすぎないが、そこからは「行旅死亡人」たちの生前が、ある程度うかがえる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中