2018年 11月 15日 (木)

ブラマヨ吉田、新幹線の「タイピング音」に苦言 「自分の家でパソコンやってんのかと」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   お笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」の吉田敬さん(45)が、新幹線でのノートパソコン使用時のマナーに関する持論をツイッターで展開した。

   吉田さんが苦言を呈したのは、公共の場にもかかわらず、パソコンのキーボードを強く叩く行為だ。これにはネット上でも、「ほんまわかります」「よう言うてくれました」といった共感が広がっている。

  • 吉田敬さん(2016年撮影)
    吉田敬さん(2016年撮影)

注意喚起のアナウンスをするべき?

   吉田さんは2018年8月21日、「(新幹線で)キーボードを、自分の家でパソコンやってんのかというくらい強く叩いてる人がいる」と報告。どうやら、近くの乗客の過度なタイピング音に、不快感を抱いたらしい。

   さらに吉田さんは続けて、新幹線で周りの迷惑を気にせずタイピング音を響かせる行為について、

「これは、『車内での電話はやめて下さい』とか『全車両禁煙です』と同じくらい、アナウンスするべきだ」

との持論を展開。どこまで本気かは分からないが、鉄道会社側が注意を呼び掛ける必要があると提案したのだ。

   こうした提案を受け、投稿のリプライ(返信)欄には、

「そうです!よう言うてくれました」
「いるいる カチカチうるさいんだよね?」
「ほんまわかります!イヤホンで耳塞ぐしかないぐらいうるさい人おる」

といった声が相次いでいる。さらに、新幹線以外でもタイピング音が気になるケースがあるとして、

「静かなカフェで、イヤホンしてキーボードを叩きまくってる人も、どういうつもりかと思います」
「飛行機内でも、気になります」

と訴えるユーザーも出ていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中