2018年 9月 24日 (月)

「けもフレ」オーディション台本、「盗用」指摘で「不適切」と取り下げ

印刷

   2期目が発表された人気アニメ「けものフレンズ」で、声優ユニットのオーディションで使われる台本について、声優志望者向けの指南ブログから「盗用」ではないかと指摘され、波紋が広がっている。

   オーディションの公式サイトは、「不適切」があったとして台本を取り下げ、事実関係を確認しているとしている。

  • オーディションサイトは、台本取り下げ
    オーディションサイトは、台本取り下げ

フリー素材だが、著作権は放棄しておらず

   2期目の「けものフレンズ2」は、KADOKAWAなどでつくる「けものフレンズプロジェクト」が、東京都内で2018年9月2日に行ったイベントで発表した。それに伴って、オーディションサイトも開設されている。

   ところが、声優志望者向けブログ「目指そう!声優」の運営者が同じ日、自らが考えて書いた台本がオーディションに無断で使われているとツイッター上で訴えた。ブログでは、フリー素材ではあるものの、著作権は放棄しておらず、出典を明記するよう告知していた。

   オーディションの台本3本を見ると、このブログに掲載されている「女性セリフ」と酷似しており、一部が改変されたような形になっていた。

   ツイッター上の「盗用」訴えは、3日夕現在で1万5000件以上もリツイートされるほどの注目を集めている。

たつき監督降板の騒動もあったため、心配する声も

   オーディションサイトに対しは、「やっばいぞこれw」「著作物を扱うプロがこれやってしまっては」といった批判的な声が寄せられている。「けものフレンズ」を巡っては、1期目のたつき監督が降板する騒動もあったため、今後について心配する声もあった。

   一方で、フリー素材の扱いについて、何らかの勘違いがあったのでは、といった見方も出ている。

   その後、オーディションサイトでは、台本が取り下げられて、次のような説明文がアップされた。

「オーディション原稿の内容が不適切なものであったため、現在確認をしております。ご迷惑おかけ致しますが、今しばらくお待ちください」

   オーディションの窓口になっているエイジグローバルネットワークスに9月3日、J-CASTニュースが取材すると、担当者が全員外出していて連絡もつかないとのことだった。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中