2018年 11月 19日 (月)

「なおみエクスプレス、『全米オープン優勝駅』へ!」 松岡修造の祝福コラムがパワーワード満載

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   2018年9月8日(日本時間9日)にニューヨークで行われた全米オープンテニス・女子シングルスで優勝を成し遂げた大坂なおみ選手(20)。

   日本中が大坂選手の優勝に歓喜しているが、「熱い男」でお馴染みの松岡修造さん(50)もその1人だ。9日、自身の公式サイトでコラムを更新。「なおみエクスプレスは終着駅『全米オープン優勝駅』に辿り着いた」など、松岡さんらしい「パワーワード」を連発し、大坂選手の優勝を喜んだ。

  • 2018年4月撮影時
    2018年4月撮影時

「まさにDreams Come True!」

   決勝で大坂選手は、子供の頃から憧れの存在だったというセリーナ・ウィリアムズ選手(米国)と対戦し、6-2、6-4で勝利。日本人選手初のグランドスラム制覇を果たした。

   松岡さんは9日、「大坂なおみ選手 日本人グランドスラム初制覇!!」と題するコラムを投稿。冒頭から松岡さん節を爆発させた。

「なおみさんにとって夢の舞台(全米オープン)で、夢の選手(憧れのセレナ)を制し、夢を達成した!まさにDreams Come True!」

   松岡さんは現地観戦をしたことを明かし、声援やライトなど会場の雰囲気を事細かに伝えている。

「セレナの心の声が僕にはそう聞こえた」

   松岡さんらしい試合の観察眼もレポート。第2ゲームに突入すると、セリーナ選手の顔つきに変化が生じたという。

「なおみは、強くなった。よく走る!がまんする!そして頭を使う! セレナの心の声が僕にはそう聞こえた」。
「なおみさんが大事にしてきた3つの約束(我慢・良く走る・頭を使う)をセレナにぶつけたのだ」

その後の大坂選手のプレーに勢いがついたことを「なおみエクスプレス」、「なおみキャンドル」と独特の言い回しで表現。

   大坂選手が勝利すると、

「なおみさんが勝った!勝った!勝った!」。

   最後に、次のような言葉で2600字におよぶ喜びのコラムを締めくくった。

「なおみエクスプレスは終着駅『全米オープン優勝駅』に辿り着いた。これからは、新しい旅が始まる。なおみスーパーエクスプレスの行き先は、なおみさんの夢でもある『グランドスラム全制覇駅』、『世界一駅』、そして『オリンピック金メダル駅』だ!」
「なおみキャンドルの炎は、今後より強い炎として日本だけではなく、世界中に幸せな炎を灯し続けてくれる! なおみさん、おめでとう!ありがとう!そして大好きです!」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中