2018年 9月 23日 (日)

セリーナ選手への罰則は「正当」 国際テニス連盟が声明

印刷

   全米オープンテニス・女子シングルス決勝でセリーナ・ウィリアムズ(米国)選手に対しカルロス・ラモン審判がペナルティーを与えたことについて、国際テニス連盟(ITF)は「正当だった」とする声明を2018年9月10日(日本時間11日)、発表した。

   2018年9月8日(日本時間9日)に行われた決勝戦では、セリーナ選手がラモン審判に執拗に抗議していた。声明は「ラモン審判の判断はルールに沿ったものだった」などと記されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中