2019年 12月 5日 (木)

五輪の神様に見放された「神の子」 山本KID徳郁さん「最大の夢」には手届かず

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   格闘家の山本KID徳郁さんが2018年9月18日、死去した。享年41。8月26日に自身のインスタグラムで、がん闘病を公表し、リング復帰を誓っていた山本さんだったが、病魔に打ち勝つことが出来なかった。この日、山本さんが主宰する「KRAZY BEE」の公式ツイッターで山本さんの死去が報告された。

   「神の子」がこの世を去った。レスリングの1972年ミュンヘン五輪代表の山本郁榮さんを父に持ち、姉の美憂さん、妹・聖子さんとともに幼いころから郁榮さんからレスリングの指導を受け、レスリング一家の中で育った。

  • 「KRAZY BEE」の公式ツイッター
    「KRAZY BEE」の公式ツイッター

消えることのない五輪出場の夢

   格闘家として数々の栄冠を手にした山本さんだったが、ついに五輪の舞台に立つことは出来なかった。山本家の長男として五輪出場は宿命付けられたもので、「五輪金メダル」が山本さんにとって人生で最大の目標だった。

   2000年シドニー五輪が、夢の舞台であるはずだった。前年の1999年の学生選手権で優勝した山本さんは、五輪代表が確実視されていた。だが、五輪代表選考会決勝戦でまさかの敗退。あと一歩のところで夢は消え去った。

   その後、プロの格闘家としてリングに上がっていたが、山本さんの心の中に五輪の夢は燻ぶったままだった。2008年北京五輪の選考会を兼ねた2007年の全日本選手権にプロとして出場したが、肩の脱臼により2回戦で敗退。「五輪の神」が山本さんに味方することはなかった。

   2000年シドニー五輪の最終選考会を当時スポーツ紙の記者として取材したことがあった。そこで、山本さんの五輪にかける思いを聞くことが出来た。山本さんのモチベーションとなっているものは何だったのか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中