2018年 10月 21日 (日)

「妊娠はしておらず」 結婚報道の「奇妙な常套句」なぜ生まれたのか

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   「妊娠はしておらず、今後も仕事を続けていく」「なお、妊娠はしていない」――最近の芸能人の結婚報道には、よくこんなフレーズが登場する。あなたも、一度は見たことがあるはずだ。

   そんなこと、わざわざ書く必要はあるの? この常套句に、そう疑問を呈する人も少なくない。実際のところ、いつからこのフレーズは使われるようになったのか。過去の報道事例を調べてみると――。

  • 「妊娠はしておらず」はいつから生まれたか(画像はイメージ)
    「妊娠はしておらず」はいつから生まれたか(画像はイメージ)

志田未来結婚で並んだ「妊娠していない」

「志田は妊娠しておらず、今後も仕事を続ける」(デイリー)
「挙式・披露宴は未定で、妊娠はしておらず、仕事は続ける」(サンスポ)
「妊娠はしておらず、仕事は続けていく」(報知)
「志田は妊娠はしておらず、仕事は続けるという」(ニッカン)
「志田は妊娠しておらず、仕事は続けるという」(スポニチ)

   2018年9月14日発表された、女優・志田未来さんの結婚についての記事である。主要スポーツ紙はいずれも、まるで判で押したように同じ表現で、志田さんの妊娠の有無に言及した。近年、有名人が結婚すると、ほぼ必ずこの「妊娠はしておらず」「妊娠はしていない」といった一節が(「できちゃった婚」の場合を除き)記事には盛り込まれる。

   もちろん、読者にとっては気になる情報には違いない。しかし、違和感を持つ人も多いようだ。たとえば、歌手の和田アキ子さんである。7月29日放送の「アッコにおまかせ!」(TBS系)では、俳優の三浦翔平さん・桐谷美玲さんの結婚を伝えた際、「いちいち言わなくていいと思うんだけど。なんか生々しい」と、不快感を示す一幕があった。今回の志田さん結婚報道をめぐっても、ツイッターなどでは、「なんか違和感というか気持ち悪く感じる」「それセクハラじゃないのか?」といった声が相次いだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中