2020年 10月 24日 (土)

深夜の緊急地震速報で飛び起きた!→でも震度1 なぜ?気象庁に聞いた

送料無料/乳酸菌ごぼう茶

「海で観測点が少なく、震源地を遠くに設定してしまった」

「実際の震源よりも約50キロ沖合が震源とされたため、地震の規模を過大に推定してしまいました。震源を遠くに設定してしまうと、小さな地震波でもより大きな規模と検知するからです」

   今回は、震源の深さは30キロだったが、第2報では10キロとしていた。より浅く設定していたが、遠さの方が数値は大きかったため、浅さはあまり予測に影響を与えなかったという。

   なぜ震源を遠くに設定してしまったかについては、こう言う。

「銚子の付近が岬の形をしており、ほかの地震観測点がより内陸に位置しています。海には観測点はありませんので、どうしても誤差が大きくなるわけです。また、観測点が2つだけで予測されることもありますので、それも誤差を大きくしてしまうことになります」

   緊急地震速報を流したことで、気象庁には、10月4日昼過ぎまでに、「どういうこと?」「基準は何か」といった電話が数十件もあったという。気象庁では、様々な改善をしているが、今後も技術的な観測精度の向上に努めるしかないとしている。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中