2020年 9月 22日 (火)

「これからもそばにいてください」 10周年、松井珠理奈が「涙」の理由

ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   アイドルグループのSKE48が2018年10月5日、名古屋・栄にある劇場でのデビューから丸10年を迎えた。約60人いる現役メンバーのうち、デビュー時のメンバーは松井珠理奈さん(21)のみ。その松井さんが、この日行われた特別記念公演の中盤のソロ曲で「今は弱い私ですが...」などと話しながら涙を流す一幕もあった。

   体調不良で療養していた松井さんは9月中旬のコンサートで約3か月ぶりにファンの前でパフォーマンスを見せたが、11月下旬発売のAKB48の新曲では選抜メンバーから外れ、今回の公演でも他のメンバーと比べて出番の数は抑え気味だった。松井さんはファンに「これからもそばにいてください」と訴え、本格復帰に向けて捲土重来を期す。

  • SKE48の10周年記念特別公演でソロ曲「神々の領域」を披露する松井珠理奈さん (C)AKS
    SKE48の10周年記念特別公演でソロ曲「神々の領域」を披露する松井珠理奈さん (C)AKS
  • SKE48の10周年記念特別公演でソロ曲「神々の領域」を披露する松井珠理奈さん (C)AKS
    SKE48の10周年記念特別公演でソロ曲「神々の領域」を披露する松井珠理奈さん (C)AKS
  • 記念特別公演には58人が出演した (C)AKS
    記念特別公演には58人が出演した (C)AKS
  • SKE48の10周年記念特別公演でソロ曲「神々の領域」を披露する松井珠理奈さん (C)AKS
  • SKE48の10周年記念特別公演でソロ曲「神々の領域」を披露する松井珠理奈さん (C)AKS
  • 記念特別公演には58人が出演した (C)AKS

大村知事の「エース復活ですね」には...

   松井さんは公演のほとんどの場面で笑顔だったが、中盤に披露された楽曲「神々の領域」(12年)で涙を見せた。この楽曲は1期生のために作曲され、14年にナゴヤドームで行ったコンサートでは、松井玲奈さん(27=15年卒業)ら1期生で披露した。10年前には23人いた1期生は、このコンサート時には7人。今では松井珠理奈さんを残すのみだ。今回の特別公演では、スクリーンに当時の映像が映し出されたことで感極まったのか、松井さんは間奏のせりふ部分で

「今は弱い私ですが、皆様が沢山支えてくださったおかげで、この10年間走り続けることができました。本当にありがとうございます。これからもそばにいてください」

と、声を震わせながら涙を流した。

   10周年を祝うビデオメッセージも流された。愛知県の大村秀章知事が

「松井珠理奈さんもね、体調が回復されたということであります。エース復活ですね」

とエールを送ると、松井さんの表情までは記者席からはうかがえなかったものの、手を横に振って否定するようなしぐさを見せた。松井さんの言う「今は弱い私」が背景にあるとみられる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中