2019年 11月 22日 (金)

辻谷耕史さん、56歳で急死 声優仲間らが続々と追悼

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   声優の辻谷耕史さんが2018年10月17日、脳梗塞のため亡くなった。56歳だった。23日に日刊スポーツなど、複数のメディアが報じている。

   辻谷さんはアニメ「犬夜叉」の弥勒(みろく)役や、「ガンダム0080」のバーナード・ワイズマン役、「学園BASARA」浅井長政役で声優を務めるほか、「昭和元禄落語心中」では音響監督を務めた。訃報を受け、全国のファンはもちろん、芸能界でも悲しみの声が相次いでいる。

  • 森口博子さんをはじめ、芸能界でも追悼の声があがっている(辻谷耕史さんの公式サイトより)
    森口博子さんをはじめ、芸能界でも追悼の声があがっている(辻谷耕史さんの公式サイトより)

神山健治「思考が停止している」

   タレントの森口博子さんは、辻谷さんの死去が報じられた10月23日にツイッターで、心情を明かした。

「声優、辻谷耕史さん。56歳、まだ早すぎます。先日、『機動戦士ガンダムF91』一日公開のトークショーで、お会いしたばかりでした。昨日、Anison Daysのフェスで辻谷さん演じる主人公シーブックのお話をして、主題歌を歌わせて頂いた矢先の訃報。心からご冥福をお祈り致します」

   映画監督で脚本家の神山健治さんも23日、ツイッターで追悼の意を示した。

「精霊の守り人のタンダ役でお世話になった辻谷耕史さんが亡くなられたと聞き、思考が停止している。女用心棒を陰から見守る心やさしきタンダの声が忘れられません」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中