2020年 9月 26日 (土)

巨人・原辰徳が「禁煙令」 若手ホープに突き付けた覚悟と期待

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   プロ野球巨人の原辰徳新監督が2018年10月23日、都内で就任会見に臨んだ。3度目の監督に就任した原監督は、会見で4番打者の岡本和真内野手に対して異例の「禁煙令」を出すなど、早くも原色全開の船出となった。

   第3次政権において「原点回帰」と「のびのび野球」を掲げた原監督が、V奪回の大きなカギを握る22歳の若き大砲にいきなり注文を付けた。

「まずタバコをやめることだろうね」

   指揮官が公の場で個人の名を上げて禁煙を促すのは異例のこと。しかも巨人の監督就任の席での発言は影響力が大きく、裏返せば原監督が岡本に寄せる期待の高さであり、原監督もそれを見越しての発言だったのだろう。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

タブー視され続けた日本球界の喫煙

   かつて日本のプロ野球界では喫煙者が多く、ロッカールーム、ベンチ裏、ブルペンでの喫煙が容認されていた。ただ、選手が喫煙している事実をメディアが報じることはほとんどなく、ある意味タブー視されてきた。

   プロ野球選手は、長らく日本の子供たちが将来なりたい職業の1位であり続け、夢を売る商売でもあった。プロ野球の喫煙者はこれを理解した上で、表立って喫煙する者は少なく、メディアもあえて報道してこなかったと考えられる。

   球界の盟主を自負する巨人。しかも岡本は4番を担う将来の球界のスター候補だ。公の場で巨人の監督が巨人の4番打者の喫煙事実を公表するのは、相当の覚悟があってのことだろう。

   日本プロ野球界における喫煙者は年を追うごとに減少している。一部の球場では喫煙ルームが設けられているケースもあるというが、基本的には全面禁煙となっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中