2020年 9月 25日 (金)

経団連職員、会長からのメールに「本当に驚いた」 パソコン設置前はどうしてたのか、広報に聞いてみると...

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   経団連会長の執務室にパソコンが初めて設置されたと、読売新聞が連載記事の中で報じ、ネット上で驚きの声が上がっている。

   「メールも使えなかったのか」との極端な憶測まで流れているほどだ。そこで、J-CASTニュースでは、経団連に話を聞いてみた。

  • 会長執務室にパソコンがなかった経団連会館
    会長執務室にパソコンがなかった経団連会館
  • 会長執務室にパソコンがなかった経団連会館

メールではなく、主に紙でやり取りしてきた

   パソコン初設置については、読売新聞の2018年10月24日付朝刊でスタートした連載企画「解剖財界」の中で触れられた。

   日立製作所の中西宏明会長(72)は、5月に経団連会長に就任すると、国会改革に賛同を求める自民党の小泉進次郎衆院議員(37)と異例の会談を行うなどした。記事では、中西氏がこれまでの経団連トップと様相を異にするとして、変わりつつある経団連の内情を分析しており、パソコンのことは、その文脈で出てきた。

   それによると、経団連会館の23階にある執務室には、中西氏が会長に就任した5月にパソコンが設置され、施策の進捗状況などについて事務局員らとメールでやり取りしている。職員が会長からメールを受け取って、「本当に驚いた」と読売の取材に答えたことも記事で紹介した。それまでは、主に紙でやり取りしてきたからだという。

   読売の記事が24日にツイッター上で紹介されると、2万件以上もリツイートされるほどの反響を呼んだ。

   「いつの時代の話ですか?笑」「よーそれで回ってたな」「虚構新聞かと思った」...

   財界総理ともされるトップのITリテラシーに疑問を呈する声も多かった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中